ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/10/07

空学

人は自然を法則とする

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、1年半ぶりに、ナイスオンのメルマガを再開することをお伝え致しました。


昨日のブログは、こちらです。

ナイスオンの公式メルマガ・・10月8日より再始動致します!


1,000日に向かって、ブログのゴールが見えてきたからか・・


わらしべ読書により、仕事が加速したからか・・


いくつか再開のキッカケはありますが、1番は、何と言っても、ナイスオンの未来が明確になったこと。


ありありと、その様子をお話しできるようになったこと。


これが、大きな要因です。


その未来に向かって、今、何に時間を使わなければならないか・・


それが、まずは、メルマガでした。


だから、やります!


ナイスオンの未来に向けて、今ここから出発です。


ということで・・


ぜひ、登録をしてくださると嬉しいです。笑


登録は、こちらからどうぞ!

ナイスオン公式メルマガ登録


それでは、今日のブログです。



人は自然を法則とする

今日は、久しぶりに、宇宙観の四大について書いてみます。


皆さまは、域中四大有(いきちゅうしだいあり)という言葉をご存知でしょうか?


簡単に言うと、この宇宙に存在する、4つの大きな要素のことです。


如何でしょうか?


では、その4つとは・・?


1つ目は、道です。


ややこしいですが、ここでいう道とは、道路のことではありません。


この世にあるもの、ないものを含めて、全ては、この道から生まれます。


なので、道が全てだ・・と言っても、過言ではありません。


次に、2つ目は、天です。


私たちは、事あるごとに、天に(神さまに)お願いごとをしますよね。


それが、天だと思ってください。


そして、3つ目は、地です。


天が理想ならば、地は現実です。


先ほどの言い方をするならば、天が神さまなら、地は仏さまです。


最後に、4つ目は・・


それは、人です。


つまり、宇宙観の四大のうち、その一角を占めるのが人の存在なのです。


そして・・


これらの4つには、法則があります。


この法則を知ること。


それが、人としての考え方の根本にあるかどうか。


ここに、人生をより良く作り変えていくヒントがあるのです。


では、その法則とは・・


人は、地を法則とし、


地は、天を法則とし、


天は、道を法則とし、


道は、自然を法則とする。


つまり・・


人は、自然に大きな影響を受けながら生きています。


だからこそ、人は、自然を法則とする・・と言えるのです。


では、自然の法則とは何でしょうか?


それが、気の流れです。


自然というものは、この気というか、エネルギーの流れによって、いつもその存在が消えることはありません。





人は、そもそも、その一部である・・


と、考えるならば、気の流れを知らない方がおかしい・・


そう思うのですが、如何でしょうか?


皆さまは、何を法則となさっていますか?


私は、自然を法則とするようになって、モノゴトの見方が大きく変わりました。


それは、いったい・・?


ナイスオンの公式メルマガは、こういった内容に、深く入り込んでいきますよ。笑


再三のお願いで恐縮ですが、ぜひ、ご登録をくださいね。


登録は、こちらからどうぞ!

ナイスオン公式メルマガ登録


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.914-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ