ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/11/19

学び

日常

自分との約束が守れる人と守れない人の違いとは・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、やりたいことを思い切りやれる人になるために・・ということを考えてみました。


昨日のブログは、こちらです。

やりたいことが、【思い切り】やれる自分になる・・


先日、ナイスオンは10周年を迎えたわけですが・・


好きな時に、好きな場所で、大好きな人たちと、好きな食事をしながらワイワイする・・


という状態には、なれませんでした。


なので、11年目からの10年は、その状態を創造すべく、組織化を目標の1つに掲げます。


それは、私だけが自由を得るのではなく、関わってくださる皆がそうなるような組織のカタチです。


みんなで、高く、遠くへ!


なので、共感してくださる皆さま・・


ぜひ、私に力を貸してくださいませ!


それでは、今日のブログです。



自分との約束が守れる人と守れない人の違いとは・・

自分との約束を守る。


これって、他の人との約束を守るより、何倍も難しいことですよね。


なので、ほとんどの人が、なかなか約束を守れずにいる・・のではないかと思います。


ただ、他の人との約束だけではなく、自分との約束を守れる人も存在します。


私の周りを思い浮かべても、数名は、すぐに思い浮かびます。


では、この方々は、なぜ、自分との約束を守れるのでしょうか?


そこで、そういう方のことを想像してみました。


すると、ある共通点があることに気がつきました。


それは、今というこの瞬間ではなく、未来への想いの方が勝っているという点です。


3年後には、なんとしても理想の会社にしたい。


5年後には、なんとしても理想的な自分になりたい。


この3年後とか、5年後が、もっと近い時間でも構いません。


とにかく、目先の誘惑ではなく、未来に立てた軸、ゴール、夢、理想のようなものが、自分との約束を守らせているのです。





如何でしょうか?


こういうタイプの皆さまは、遅かれ早かれ、自ら掲げた目標に辿り着きます。


でも・・


自分との約束を引き伸ばす人には・・


なかなか、そういう日が訪れません。


仮に、訪れることがあったとしても、長くは続きません。


それは、語弊を恐れずにいうと、たまたまだから・・


それが、道理である。


そのように思います。


だからこそ・・


自分との、無茶な約束はしないこと。


そして、今の自分でもできることを約束して、やり続けること。


そうすることでしか、自らが掲げた目標を手繰り寄せることはできません。


凡事徹底。


そして、凡事一流。
※示道塾の大原光秦さんのお言葉。


もちろん私も、そういう姿勢で、自分との約束を果たしていきます。


理想を現実に実現させるために・・


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.957-1




NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ