ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/05/28

空学

会社の成長を決めている【4つの視点】とは・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、見えないものを言語化することについて書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

あなたの会社の未来を示すものは何ですか? 〜脳が答えを知っている・・という世界観〜


私たちの目(肉眼)で見えているもの・・


それは、元々は、何1つ無いものです。


そして、目を閉じて浮かんでくるもの・・


それが、本質的に有るものです。


ただ、有るのですが見えない・・


見えないけど、本物・・


ここが、私たちを惑わせてしまいますよね。


如何でしょうか?


今日から、数分間だとは思いますが、【目を閉じること】を習慣化してみます。


そして、何が私の中から(私の脳から)浮かんでくるか、キャッチしたいと思います!


それでは、今日のブログです。



会社の成長を決めている【4つの視点】とは・・

会社の大きさというか、成長というか・・


それらを測るモノサシって、いくつもありますよね。


売上、利益、社員数、社歴、マーケットシェアなどなど、パッと思いつくだけでも5つは出てきました。


が、これらは全て、【数字】が伴っています。


では、会社の大きさや成長は、数字で測らないといけないのでしょうか・・?


私は、そんなことは、決してないと思います。


というより、数字は、【相対的】な比較になってしまいますので、


何と比べるか・・


によって、その捉え方が大きく変わってしまいます。


そこで・・


今回は、会社の大きさや成長を、【視点】という概念で考えてみたいと思います。


その数は、4つです。


まず、1つめ。


それは、【お客さま(一般大衆)】という視点です。


この視点における商売は、極端に言うと、【経営者の好き勝手】の段階です。


そして、他の段階と区別するために、この段階を商店としたいと思います。


2つめは、【顧客】という視点です。


ここで、その商売は、商店から【事業】の段階に進みます。


つまり、顧客の創造に、その視点が移りますので、経営者の好き勝手に【振る舞う】わけにはいかなくなります。


一人ひとりの顧客のお困りごとに寄り添う。


こういったステージになるわけです。


3つめは、【社会】という視点です。


では、顧客と社会は、いったい何が違うのでしょうか・・?


それは、顧客とは、社会の中に存在しているということです。


この意味を、感じて頂けますでしょうか・・?


つまり、一人ひとりの顧客を相手にするのではなく、社会全体を相手にするのです。


なので、社会で起きている問題や課題に、その視点があります。


そして、大切なことは、この段階になって初めて、その商いを経営と呼べるということです。


逆にいうと、この段階にきたら、経営を学ばなければなりません。


経営とは何か・・?


企業の命題とは何か・・?


組織の命題とは何か・・?


経営理念とは何か・・?


このように、社会を相手とするためには、


会社の存在理由や意義が問われるのです。


最後に、4つめの視点です。


つまり、経営よりも、さらに上の段階になります。


それは、時(とき)です。


では、時と社会は、どう違うのでしょうか?


時の流れによって、【世を取り巻く環境】は変わっていきます。


この【世を取り巻く環境】というのが社会のことですから・・


時によって、社会は変わるということです。


これが、経営の上のステージになります。


経営の上・・


ということで、近代経営にしたいと思います。


もう、お気づきでしょうか。


時を相手にしている企業が、この社会を動かしています。





なので、そういった企業は、【今】の社会課題に目を向けるのではなく、10年後の【時】を見据えて、今しなければいけないことに着手しています。


トヨタは今、何をしていますでしょうか?


10年後、私たちは、トヨタが作った社会の中で生きていると思います。


つまり、トヨタが、世を取り巻く環境を作っている・・


それは、言い過ぎでしょうか。


私は、言い過ぎではないと思いますが・・


今回は、社長が【何を見ているか】という視点に着目してみました。


皆さまの会社は、どの段階でしたでしょうか?


ぜひ、経営という段階に入られた方や、経営という段階に進みたい方は、素の會勉強会にご参加下さい。


誠の経営が、そこにはありますから。


素の會については、こちらをご覧下さいませ。

5月度【素の會勉強会】は、満席になりました! 6月は、24日〜26日の開催です。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.782-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ