ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/08/15

示道塾

1番大切なことは、1番大切なことを、1番大切にすること

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、自らを高め続けるための環境創りについて、私の考えをお伝えさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
少し《背伸びした》場所に身を置くということ


どうしても、楽しい方を選びがちですよね。


でも、やる気がないわけではありませんよね。


だからこそ、どんな環境に身を置くのかが大切だと思うのです。


私は、そういう意味では、色々な場に身を置いていますし、経験してきましたので、


どんな場に、身を置けば良いのか分からない皆さまには、


お役に立てるのではないかと、思っています。


ぜひ、お声がけ下さいね。


それでは、今日のブログです。



1番大切なことは、1番大切なことを、1番大切にすること

今日は、8月15日です。


終戦の日、つまり、【戦没者を追悼し平和を祈念する日】になります。


私たちが、私たちらしく生きることを選択できるのは、紛れもなく、ご先祖様のおかげです。





この豊かな國を育て、守り、遺して下さったからこそ、私たちは【選択する自由】を持つことができています。


そんな私たちが、


今さえ良ければ・・


自分さえ良ければ・・


と生き始めたとしたら、私たちの子どもたち以降の日本が、本当に豊かな國であり続けられるのか、甚だ疑問です。


今日という日は、そういう大切なことを、子どもたちに伝える日であり、


自らの生き方を、しっかりと振り返る日だと思います。


1番大切なことは、1番大切なことを、1番大切にすること


私たちにとって、1番大切なことって何でしょうか?


まずは、そう自らに問いかけることから始める必要がありますね。



博多示道塾がお勧め

この11月から、博多示道塾の第8期が始まります。


この塾の根幹は、何と言っても、私たち日本人の生き方そのものを見つめ直すことにあります。


危機感ではなく、危機意識。


憤り。


このままで、日本は良いのか?


日本人としての誇りが、もはや失われているのではないのか?


塾長である大原さんの言葉を通して、塾生同士が対話しながら、自らの大義を明確にしていきます。


それが、私たち経営者の【在り方】として、その軸になります。


そして、その軸から現実を直視することで、問題課題が明らかになります。


だからこそ、このプロセスが、真のビジョンへと繋がっていくのです。


如何でしょうか?


歴史を知らないことが恥ずべきことではなく、


本当の歴史を知ろうとしないことが恥ずべきこと。


歴史を明らかにしながら、真のビジョンを見出しませんか?


ぜひ、博多示道塾を通して、日本人のリーダーとして、確固たる自分を築きあげましょう!


博多示道塾の詳細は、こちらです。
https://blog.niceon.jp/wp-content/uploads/2020/08/49900a9b8505319e7917fc933db8ded7.pdf


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.496-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ