ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2019/11/20

事業100年の計

企業支援

起業家支援

属がり(つながり) 〜最強の結束関係〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

息子と一緒に読み続けている大好きなマンガがあります。

そのマンガとは、キングダムのことなのですが、待ちに待った56巻が、ついに発売されました〜。


大阪伊丹空港から大分空港への移動中に、信(主人公)になりきって、熱中して読み終えましたが、今回もめちゃくちゃ面白かったです!

すでに、57巻の発売が待ち遠しくなってしまいましたが、エネルギーを沢山もらいましたので、今日も張り切ってお志事をさせて頂きます!

素交の人か、利交の人か・・

今日は、人間関係について、書いてみたいと思います。

利を以って合(がつ)する者、窮禍患害(きゅうかかんがい)に迫らるれば、相棄(あいす)つる。

天を以って属がる(つながる)者、窮禍患害(きゅうかかんがい)に迫らるれば、相収(あいおさ)むる。

この2つは、中国戦国時代の宋の蒙に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる荘子の言葉になります。

1つめの言葉によって表されるのが、【利交の人】です。

そして、2つめの言葉によって表されるのが、【素交の人】です。

簡単に言うと、利交の人とは、その人と一緒に居ても【得なこと(利)がなければ、離れていく人】のことです。

一方で、素交の人とは、【窮地に追い込まれたときこそ、一緒に居てくれる人】のことです。

皆さまの周りには、どちらのタイプの人が多いでしょうか?

お金に集まった人は、お金が無くなったときに離れていきます。

まさしく、【利交の人】で、いざというときに、助けてはくれません。

そうではなくて、何かあったときにこそ助けにきてくれる。

ここぞ!というときにこそ、現れてくれる。


そんな【素交の人】を、パッと何人くらい思い浮かべられますか?

人格、人徳、人間性は、計るものではないかもしれませんが、皆さまの周りにいらっしゃる【素交の人】の人数に、比例するもののような気がします。

【素交の人】・・何が何でも、大切にしたいですよね。

もちろん、私も、心から大切にします!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.227

NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ