ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2019/11/01

企業支援

学び

運がいい人は、【機】が熟すのを待てる人 〜運気と運機の違いを知っておこう!〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

今日の午前中は、大阪での勉強会にて、NICE ONの2020年の事業構想を発表します。

そして、夕方には、明日からの研修に備えて、東京へと移動します。

新幹線で新大阪へ、飛行機で羽田へ。

佐賀県に住んでいると、やっぱり移動が大変だなと、こういう時には感じてしまいますね。

年末に向けて、だんだんと身体も悲鳴をあげているようですし、時間を作って、しっかりとメンテナンスしていこうと思います。

時間には2種類あることを知っておこう!

時間には、2種類あります。

それは、自分の【内にある時間】と、自分の【外にある時間】です。

内にある時間は、【気】という漢字を使います。

一方で、外にある時間は、【機】という漢字を使います。

物理的には、【気】であろうと【機】であろうと、24時間という時間であることは、当然ながら同じです。

ただし、【気】【機】では、回っている歯車が違うのです。

そして、私の【気】と、皆さまお一人おひとりの【気】も、もちろん違っています。



運気と運機の歯車が噛み合ったときに、大輪の花が咲くようになっている

双方の歯車にも、良い時期もあれば、悪い時期もあります。

外の【機】が悪く、リーマンショックのように、世間がザワザワとしていたとしても、自分の【気】が良いときは、それほど悪影響を受けなかったり・・

逆に、バブル期のように、外の【機】が良かったおかげで、自分の【気】が悪かったとしても助けてもらえたり・・

だとすれば、外の【機】と内の【気】が、共に熟する時期を知りたくなりますよね。

そして、その時期に向けて、自分を運びたくなりますよね。

ただし、周りの人や社会に、何も与えていない人は、気と機が熟したとしても、何も起きません。

今、【気】だけを学んでいる方は、ぜひ【機】を学びましょう。

例えば、STRで内の【気】を学んでいる皆さまは、この地球がどういう周期で回っているのか、外の【機】を学んでみるのです。

何か【だけ】を学んでいると、偏ってしまいますし、何か【だけ】で判断するのは、すごく怖いことだと思いませんか?

これは、色んな学びに言える【本質】だと思いますが、如何でしょうか?

機と気は一対(いっつい)。太極が定まれば、二極が動く

では、運を掴み、大輪の花を咲かせるには、どうしたら良いでしょうか?

まず、私たち自身が【理想】を持つことから始めなければなりません。

【未来に立つ】と言い換えても構いません。

こういう言葉をご存じでしょうか?

志、定まれば、氣、盛んなり・・。

志とは、心が指し示す方向のことでしたね。

つまり、理想(未来)に向けて、私は生きると決めたときに、【太極(中心)である自分】が定まり、二極(機と気)が動き出します。

太極とは、台風の目のようなものです。

太極があるから、プラスとマイナスが風を生みます。

自分が在るから、気と機の歯車が噛み合い、大輪の花を咲かせます。

調べてみると、2021年に、【社会とNICE ONと私の歯車】が、見事に噛み合うようです。

そのときに、理想の花を咲かせられように、【今】という時期を、1つ1つ大切に積み重ねていきます!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.208

NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ