ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2019/10/29

企業支援

学び

自己の絶対とは何か?そして、自社の絶対とは何か?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨夜、大分県の日田市から鳥栖に帰ってきました。

日田は、高速道路を使うと、鳥栖の自宅から1時間で行くことができますので、そんなに遠い気はしません。

そして、今日からまた大分県ですw

自動運転技術が発達すれば、通えなくはないな・・と思ってしまっている自分が、少し怖いです。

あまりにも、移動慣れしているのでしょうねw

自己の絶対とは何か?

【絶対的】という言葉があります。

そして、【相対的】という言葉があります。

この2つの言葉ですが、その意味を知ってから、すごく大切に使っています。

【相対的】というのは、必ず【比較対象】が必要です。

つまり、必ず、【誰か】とか【何か】と比較しなければなりません。

では、今回のテーマである【絶対】とは何でしょうか?

それは、【唯一無二】ということです。

自己の絶対とは・・?

自己の唯一無二とは・・?

ありますよね・・?

それは、【自分が自分であること】です。

これだけは、他の人がどんなに頑張っても、私にはなれませんし、あなたにはなれません。

それが、【自己の絶対】です。

自分が自分であることが【尊い】のです。

だからこそ、もっともっと、【自分がある】ことを感じてみましょうね。



自社の絶対とは何か?

では、【自社の絶対】とは何でしょうか?

相対的なものは、価値ではありません。

価値というものは、絶対に動かないものでなければ価値ではあり得ません。

【自社が自社である】ことが絶対です。

では、自社が自社であるとは何でしょうか?

自社が自社であることを確立できれば、【競争相手がいない】ということではないでしょうか?

あるいは、競争をしなくても良いということではないでしょうか?

勝者と敗者が存在する世界は、【相対的な世界】です。

長い目で見れば、競争している企業は、必ず滅びるようになっています。

それが、【自然界の法則】です。

自社にとっての、競争相手のいない事業領域とは・・?

我が社の絶対とは・・?

時代は、その存在を求めているのだと思いますが、皆さまは、どう思われますでしょうか〜?

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございます。

今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

ブログ筋トレVol.205

NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ