ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2019/08/14

事業100年の計

企業支援

空学

会社の軸となり、一貫したテイストを生み出すCI(Corporate Identity) 〜そのCIを構成する3要素とは?〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日は、午前中はゆっくりと過ごし(息子を朝6時に高校に送っていきましたがw)、お昼からは、NICE ONの軸を改めて見直し、夕方には息子を高校まで迎えに行って、そのままお墓参りに行ってきました。


今日は、台風の影響が出る前に、娘とお墓参りに行ってこようと思います。


慌ただしいのか、ゆっくりしているのかは分かりませんが、すごく大切な時間を過ごしているなとは感じています。


それでは、今日のブログです。



CI(Corporate Identity)は、3つのIdentityで構成されている

CIとは、【企業の精神(Mind Identity)】【企業の行動(Behavior Identity)】【企業の表情(Visual Identity)】とが三位一体となって完成するものです。





ここでいうIdentityとは、【一貫性】のことであり、企業の【精神と行動と表情】に、一貫性があることが求められます。


間違っても、それぞれの格好良さではありません。


また、その構造は、企業の精神であるMind Identityを核にして、それを、Behavior IdentityとVisual Identityが取り囲んだ状態で社会に伝わっていきます。





つまり、一貫性のある企業は、そのテイストがそのまま社会に伝わっていきますので、認知度が高くなっていきますが、一貫したものがない企業は、社会にその想いが届きません。


よく、〇〇〇〇さんらしいですね!っていう声を聞きますが、テイストが揃っている会社は、そこで働く社員さんのテイストも揃っていきます。


NICE ONの社員が、【NICE ONっぽく育ちましたね〜】って言われるようになるって、本当に素敵なことだと思います。


想像しただけでも嬉しいです。


だからこそ、そういう状態を作っていくためには、CIの核であるMind Identityは、絶対に明らかにしなければなりません。


なぜなら、この核こそが、社外に伝わっていくのですから。



MIの核となるものは企業倫理

では、添付の写真をご覧ください。





これは、CIの一部ですが、企業(法人)倫理から経営方針までが、Mind Identityになります。


皆さまの会社には、企業の精神であるMind Identityがありますか?


そのMind Identityは、企業倫理を軸に、一貫したものになっていますか?


NICE ONは、設立時にすべてを作成しておりましたが、それを、企業倫理から1つずつ見直しています。


というよりも、企業倫理がなければ見直すこともできませんので、もし、企業倫理がない会社は、まず、その作成から取り組まなければなりません。



永続する限り変えてはいけないものは、企業倫理のみ

企業倫理とは、企業として守り行うべき【道】のことです。


また、善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもので、企業としての【道徳】【モラル】を表現した言葉になります。


事業継承においては、【誰に】【何を】【いつ】継がせるのかという3点を決めておかなければなりませんが、【何を】の中には、絶対に企業倫理が入っていなければなりません。


そして、企業倫理だけは、未来永劫にわたって普遍的なものでなければなりませんので、【何を基にして】作成するのかが、ものすごく大切です。


ちなみに、NICE ONは、下記の写真などを参考に作成しています。




NICE ONが滅びないように、代々の経営者が受け継いでいくものですから、そう簡単にはできません。


この資料などを、何度も何度も読み返すのですが、翌日には、やっぱり違う・・・


まさに、産みの苦しみです・・・


見かねた大阪の師が、私、そしてNICE ONの想いを汲み取り、助け船を出して下さいました。


そして、ようやく出来上がった企業倫理が、


【至誠、天に通ず 〜内面の真実をもって事に当たり、天と通じて人を動かす〜】


になります。





でも、これは終わりではなく、始まりに過ぎません。


この企業倫理から、経営理念・企業理念・経営方針・行動規範・行動指針・業務内容を、1つ1つ丁寧に見直す必要があります。


そして、2019年中には、シンボルマークまでを一貫したテイストのものに仕上げようと思っています。


2020年5月11日 追記
企業倫理という確固たる軸ができましたので、経営理念や経営方針などの見直し作業は、大変なものではなく、実は、すごく楽しい時間でした。


追記しなければいけないもの


大切だと思っていたのに、実は、外れていたもの


こうやって1つひとつを見直すうちに、NICE ONがやらなければいけないものが、すごく明確になりました。


逆に、NICE ONがやるべきではないことも。


だからこそ、一貫性というものが生まれてくるのですね。


この時間を社員さんと共有できたら・・


想像するだけでも、最高の時間になりますね!


ちなみに、出来上がったシンボルマークは、こちらです。




以上、追記終わり。


NICE ONと言えば・・・


徐々にではありますが、しっかりとした【土台】が出来てきているようです。


そして、この土台の上に、新しい仕組み、新しい商品の構想もできてきました。


これからが、さらに楽しみです!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.128

NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ