ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/12/10

川原塾

今年最後の九州経営問答会が終わりました・・来年は、1月13日から毎月第2木曜日です!

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、嬉しいご報告をさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。

何のことか分かりませんが、申し込みました・・


何を言うか・・


ではなく、誰が言うか・・


まだまだ全然足りませんが、ほんの少しだけ、体験することができました。


四ケ所が言うなら・・


何のことかは分かっていないけど、申し込んでおくね・・


その言葉を聞いたとき、喜びと責任が同時に湧き上がりました。


人として、どう在るか。


その上で、何を伝えるか。


自らの振る舞いを、日々、向上してまいります。


それでは、今日のブログです。



今年最後の九州経営問答会が終わりました・・来年は、1月13日から毎月第2木曜日です!

昨日は、今年最後の九州経営問答会でした。


15時から18時までの3時間、一切休憩なしで、川原さんとの経営問答が続きました。


以前にも、お伝えしたことになりますが、川原さんは、何のご準備もなく、ホワイトボードの前に、マイクとマーカーだけを持って立たれています。


これ・・


僕には、できません・・汗


これを、全国4ケ所か5ケ所で、毎月開催されているという・・


そして、1つでも、参加者の質問に答えられなかったら、その時点で打ちきりという・・


何とも、川原さんらしい覚悟の伝え方です。


報・連・相の定義を、具体的に教えて下さい。


絶対に失敗したくないので、この事業を成功させるための方法を教えて下さい。


参加者から、こんな質問がどんどん出るのですが、川原さんは、その1つひとつに丁寧に答えて下さいます。


ちなみに・・


皆さまは、報・連・相の定義を教えてくれと言われたら、何とお答えになりますか?


相談は、何となく分かる気がしますが、報告と連絡の違いって、何でしょうか・・?


あ・・この何となくが本当はダメなのですが・・汗


では、報告と連絡の違いだけ、川原さんから教わったことをご紹介致しますね。


報告とは・・情報共有である。


なので、事前報告、中間報告、事後報告があり、何を、情報共有しておかなければならないか・・が求められる。





連絡とは・・仕事を繋いでいくものであり、責任所在のバトンタッチである。


そして、連絡において大切なのは、連絡を受ける側は、常にお客さまである・・という意識。


なので、何を連絡したら、次の工程が仕事をしやすいか・・が求められる。


如何でしょうか?


ここまで、具体的に定義されると、我が社においては、


報告が足らないのか?


あるいは、連絡が足らないのか?


が、明確になりそうですよね。


仕事は、報告に始まり、報告に終わる・・


昨夜も、とても有意義な時間でした。


次回は、来年1月13日の木曜日です。


そして、来年は、毎月第2木曜日の開催となる見込みです。


川原さんとの経営問答。


ぜひ、体験しにいらして下さいませ。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後も、ナイスオン公式ブログを読んで下さると嬉しいです。


またのお越しを、心からお待ちしております!


ブログ筋トレVol.978-1



NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ