ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/11/01

MQ会計

MQ戦略ゲーム

経営とはソートである・・西順一郎先生からの教え・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、人が成長する場(環境)について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

いい場(いい環境)は人を【勝手】に成長させる!


どんな場(環境)が人を育てるのか・・?


と、問われたら、MG会場のような場・・だと思いますし、MGをご存じの方であれば、そのようにお答えしています。


それくらい、MG会場というのは、独特の雰囲気があります。


では、どのように独特か・・と問われても、言語化がなかなかに難しいのです・・


百聞は一見にしかず・・と言いますし、ぜひ、MGに参加してみて下さいね。


そこには、底抜けに明るく、でも、真剣に学び合う人たちが集まっていますから。


ここで、大切なことを1つだけ・・


底抜けに明るいのは、元々ではなく、そうなっていくのです。


それが、MG会場なのです。


だから、人が育つ。


如何でしょうか?


それでは、今日のブログです。



経営とはソートである・・西順一郎先生からの教え・・

ソート。


MG、そして、マイツールをやっている人なら、すぐにピンとくる言葉なのですが、どれくらいの方に伝わる言葉なのでしょうか・・?


それは、さておき・・


ここでいう【ソート】とは、並べ替えるということです。


(マイツールだと、ソートドンです)


そして、西順一郎先生は、


経営とは、ソートである


と、仰います。


それは、無秩序に集められたデータから、


我が社に必要なインフォメーションを検索(サーチ)し、


人が動きたくなるインテリジェンスにするために、並べ替える(ソートする)。


この一連の動作を、流れるようにこなしてくれるマイツール。
※マイツールとは、データベースソフトのことです。


そして、画面に表示された【秩序と調和】のある数字の美しさ・・


この瞬間が溜まりません。笑


ちなみにですが・・


あらかじめ【予測できる数字】が入力されたExcelシートでは、この瞬間に立ち会えません。


なので、このExcelシートをマイツールにコピーし、ソートドン(並べ替える)しても、何の感動もありません。


この使い方だと・・


マイツールを使う理由にはならないのです・・


私たちに必要なのは、表計算される前の【何も調理されていない】生データなのです。


その生データを


サーチして(検索して)


ソートする(並べ替える)


たかが、これだけ。


されど、これだけ。


この流れを突き詰めれば、必ず、意思決定が変わってきます。


だからこそ、


経営とは、【ソート】なのです。


何のことやら・・


でも・・何だか興味がある!


という方は、ぜひ、東京MGにご参加下さいね。


最後に・・


昨日は、東京MGの2日目でした。


西順一郎先生と、ナイスオンの元社員さんと3人で、素敵な写真を撮って頂きました。





ずっと見ていられる写真です!


次回は、13年もの時が経たないように、早めに、東京MGに参加します!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.939-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ