ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/09/10

川原塾

社員満足度の落とし穴・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、川原塾・九州経営問答会についてご紹介を致しました。


昨日のブログは、こちらです。

川原式【経営問答会】の特徴とは・・


私は、このナイスオン公式ブログの中でも、自分が研修オタクであることはお伝えしてきました。


なので、紹介して頂いた研修には、まず、参加してきました。


だからこそ、今、思うことがあります。


何でもかんでも行ったらいけない・・と。汗


その理由については、また、別の機会に書いてみたいと思います。


それでは、今日のブログです。



社員満足度の落とし穴・・

昨日は、川原塾・九州経営問答会でした。


※9月17日の札幌、10月13日の博多、10月27日の神戸の経営問答会は、下記よりお申込下さいませ。


経営問答会 in 札幌


経営問答会 in 博多


経営問答会 in 神戸


そして、学び多き3時間でした。


今日は、その中の1つをご紹介したいと思います。


それは、【社員満足度と会社の業績UP】に関することです。





皆さまは、社員満足度が上がると、業績は自ずと上がると思われますか?


つまり、そこに相関関係はあると思われますか?


早速、その回答を・・!といきたいところですが、まずは、社員満足度について、2つの面から考えてみましょう。


それは、


・社員満足を高めていくこと


・社員不満足を減らしていくこと


という、2つになります。


如何でしょうか?


この2つは、同じようで違っていますよね。


では、ここで。


皆さまが普段から取り組まれていることは、そのどちらに当てはまっているでしょうか?


社員満足度を高めることでしょうか?


それとも、社員不満足を減らしていくことでしょうか?


実は・・


このどちらかには、業績UPとの相関関係があります。


さて、どちらでしょうか?


それは・・


社員不満足を減らすことです。


へ!?ウソだ・・と思われましたか?


そう!その通り・・だと思われましたか?


川原さんは、以前に定宿となさっていたリッツ・カールトンホテルを例にして、その違いを説明して下さいました。


リッツ・カールトンホテルで満足することは?と問われても、なかなか出てこないが・・


それよりも何よりも、


リッツ・カールトンホテルでの不満足は?と問われたら、一切、何も出てこない・・


この違いが大きいんです。


私は、恥ずかしながら、社員満足度について、この両面からの考察をしたことがありませんでした。


なので、昨日の川原塾・九州商人倶楽部での学びは、これからの仕事に大きな影響を与えてくれそうです。


社員満足を高め続けるということには・・際限がありません。


でも、社員不満足を徹底的に減らしていくことには、ゴールがあります(見えます)。


それにしても・・


川原塾の経営問答会って、本当に素敵な場です。


来月も・・


再来月も・・


ずっと開催しておりますので、誰にも相談できず、一人悶々となさっていることを、吐き出しにこられませんか?


※9月17日の札幌、10月13日の博多、10月27日の神戸の経営問答会は、下記よりお申込下さいませ。


経営問答会 in 札幌


経営問答会 in 博多


経営問答会 in 神戸


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.887-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ