ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/09/09

川原塾

川原式【経営問答会】の特徴とは・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、経営者が想いを語り続けることの効果について、書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

想いを語り続ける・・


社員さんが抱える4つの不


・不足
・不安
・不満
・不快


その全ての話を聞き、全てに対応するのではなく・・


想いを語ること。


語り続けること。


その効果の方が、圧倒的に高い。


私は、そのように考えています。


社員さんの4つの不の根幹・・


それは、将来に対する不安から生まれることが多いのですから・・


それでは、今日のブログです。



川原式【経営問答会】の特徴とは・・

経営問答会


こう名付けられる勉強会は、いくつもあるのだと思いますが、川原塾の川原悠伍さんによる経営問答会は、異彩を放っているように思います。





・川原塾生は、無料で何回も参加出来る。


・川原塾のコミュニティで、LIVE配信されている。


・参加者から出される質問に答えるのみの3時間。


・川原さんの持ち物は、ホワイトボードマーカーとマイクのみ。


・1度たりとも同じ内容の問答会がない。


・質問は、経営に関するものだけとは限らない(恋バナもw)。


・質問に対する川原さんからの返事は、川原さんが経験したことのみ(経験のない知識は言わない)で語られる。


・川原塾生以外でも、何度でも参加できる(ただし、有料)。


・毎月、全国4ヶ所にて開催されている。


・川原さんに対する講師料は無料である(塾生のためだけに開催されている)。


・毎回、参加者がワクワクしている(前のめりで参画している)。


・3時間の間、笑顔と納得の表情が繰り返される。


・内容的には、1時間66万円(税込み)のコンサルを、毎月3時間受けているのと同じである。


・出ないと損だ!と毎回思う。


そして、最後に・・


これは、私の主観になりますが、経営問答会で質問し、川原さんからのお返事を素直に実行しさえすれば、すぐに成果につながる。


これ、嘘のような本当のお話です。


如何でしょうか?


私たちと一緒に、この空間にて学んでみませんか?


川原塾生以外の皆さまは、初回のみ11,000円(税込み)で参加できます。


ここで・・


少しだけ、数字のお話しを・・


川原さんの1コンサルフィーは、1時間66万円(税込み)です。


経営問答会は3時間ですから、その総額は、198万円(税込み)になります。


そして、先ほども書きましたが、経営問答会の初回は、11,000円(税込み)です。


いったい、何%オフでしょうか・・


なんと!


99%以上の割引きです。汗


今日、9月9日は、博多での経営問答会ですが、川原さんに、2会場の追加開催をお願い致しました!


9月17日の札幌。


そして、10月27日の神戸です。


時間は共に、15時〜18時になっております。


ぜひ、参加ご希望の方は、下記よりお申し込み下さいませ。


経営問答会 in 札幌


経営問答会 in 神戸


百戦錬磨の川原さんが、皆さまからのご相談を、ものの見事に解決に導いてくださいますよ。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.886-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ