ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/08/30

ひとりごと

日常

直感の正体とは・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、西尾太さんが書かれた【人事の超プロが明かす評価基準】という本をご紹介致しました。


昨日のブログは、こちらです。

これで1,300円は安すぎる!【45のコンピテンシー】が秀逸! 西尾太著:人事の超プロが明かす評価基準


実は、コンピテンシーという言葉の意味を、スッカリと忘れていました。


はて!?


何だったっけ・・?


コンピテンシー・・


想像がつくような、つかないような・・汗


皆さまは、コンピテンシーの意味が、すんなりと出てきますでしょうか?


コンピテンシーとは・・


【成果につながる行動、活躍する人に特徴的な行動や考え方】という意味で使われます。


如何でしょうか?


評価基準を作成するにあたって、とても大切な要素であることが分かりますよね。


それにしても・・


昨日のブログにも書きましたが、45のコンピテンシーには、心から感動してしまいました。


皆さまも、ぜひ、ご覧下さいませ。


それでは、今日のブログです。



直感の正体とは・・

やはり、直感に従っておけば良かった・・


そう思うことって、人生において何度もありますよね。


また、そういった話を、周りからも多く聞きますよね。


だからだと思うのですが・・


直感を信じる!


という方って、多くいらっしゃると思いませんか?


でも・・


直感は、信じてはいけません。


正確に言うと・・


直感に頼ってはいけません。


なぜなら、直感とは・・


経験値に基づく予測だからです。


直感というくらいですから、何か、特別のもののような気がしますよね。


パッと、閃くというか・・


瞬時(何も考えず)に、違う!とか、GO!とか思うわけですから。


でも、違うのです。


直感は、過去の経験からくるものなのです。


皆さまからの反論の声が、ものすごく聞こえてきます・・汗


華々しい結果を出しているスポーツ選手


信じられないくらいの業績をあげている経営者


そういった方の多くは、直感で・・と、言っている!!!


だから、直感は大切!!


そう思われますよね。汗


でも・・


よくよく考えてみて下さい。


華々しい結果を出しているスポーツ選手


信じられないくらいの業績をあげている経営者


この両者の共通点って何でしょうか?


それは・・


その領域における、豊富な経験ではないでしょうか?


その豊富な経験が、良質な直感を生みだしているのではないでしょうか?


ただ・・


その豊富な経験が、直感の質を高めていることを、ご本人もまだ、気がついていないのではないでしょうか?


だからこそ、直感で・・という部分だけに、そのフォーカスが当たっている・・


と、私は思うのです。


如何でしょうか?


直感の正体について、何となく、伝わりましたでしょうか?


もし、伝わっていたとしたら・・


直感には、磨き方があるということが分かりますよね?





そうです。


直感は、経験で磨かれるのです。


もっと、強く言っても良いかもしれません。


直感は、経験でしか磨かれない。


そのためにも、経験の浅い私たちは、実践あるのみですね!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.876-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ