ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/05/09

空学

イチローさんは【型無し】?それとも【型破り】?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、ゴルフ100切りにむけて、スコープを購入したことをお伝えしました。


昨日のブログは、こちらです。

100を切るための秘密兵器(に、なるはず)!


ゴルフって、本当にメンタルのスポーツだなって思います。


パー3、パー4、パー5。


完璧なショットが揃わなくても、パーになることもあれば・・


逆に、ショットが完璧でも、アプローチとパターで崩れることだってあります。


また、前半が良くても、後半が最悪だったり・・


これもまた逆に、前半が最悪でも、後半が絶好調だったりします。


だからこそ、最後までメンタルを保つこと。


18番ホールまで、準備されていますし・・


失敗が怖くなったとしても、順番がどんどん回ってきます。


いや〜、メンタルトレーニングになりますし、経営と似てるなって思います。


遊びではありますが、結構、真剣にやっているのです。


ただ、そうは見えないでしょうけど。笑


それでは、今日のブログです。



イチローさんは【型無し】?それとも【型破り】?

今日は、【型】について考えてみたいと思います。


【型】とは何か?


それは、【型無し】【型破り】の違いを想像してみることで、イメージが掴めるようになります。


では、ここで・・


多くの皆さまがご存じであろう、元メジャーリーガーのイチローさんですが、そのイチローさんの代名詞であった【振り子打法】は、


【型無し】だったのでしょうか?


それとも、


【型破り】だったのでしょうか?


皆さまは、どう思われますか?


私の考えでは・・



イチローさんは、【型破り】の人です。


なぜなら、型破りの人の共通点は、その大前提が


守・破・離(しゅ・は・り)


だからです。


イチローさんは、愛知の名門・愛工大明電のご出身です。


そして、卒業後にプロ野球選手になられました。


その後、イチローさんが残された【偉大な記録】の数々は、ここでは触れないことにします。
*簡単には触れられない程の量ですよね!

それよりも、大切なのは、その過程に目を向けることです。


イチローさんは、決して、最初から【自らの型】を作ろうとはしていなかったはずです。


まずは、ピッチャー返しが、パーフェクトにできること。


そのために、日々、素振りなどの【基礎】を繰り返されたであろうと思います。


この基礎の時間が、【基本の型】を身につけさせるのではないでしょうか。


もしかすると、その基本の型を身につけることにかけた時間は、他の人の何倍もあったかもしれません。


他の人より、何倍もできていたにも関わらず・・


この基本の【型】を、プロ野球選手として生きていくために【破った】


これが、型破りのイチローさんの、振り子打法ではないでしょうか。


さらに、付け加えなければいけないことは、もし仮に・・


振り子打法が、プロ野球に適応できなかったとしても・・


イチローさんは、他の【型を生みだして】いただろう・・


と、いうことです。


これが、【型無し】の人にはできません。


型を身につけた人が、型をやぶりながら・・


適応しながら・・発展していく。





これが、道理ではないかと思うのです。


私たちは、どうしても、【破られた型】の方に着目し・・


例えて言うなら、最初から、振り子打法を真似してしまいます。


それでは、適応が難しい・・


今日は、野球でお話しをしてみましたが、経営についても、もちろん同じことが言えます。


企業の命題は、時代適応です。


経営者の皆さま・・


そこに、【型】はございますか?


この視点で、今、やらなければいけないことに着目してみては如何でしょうか?


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.763-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ