ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/01/28

事業100年の計

空学

とても良い話が舞い込んできた!その時の考え方とは・・?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、研修を受けることからの脱却について、その意義を書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
研修を受ける組織ではなく、学習する組織へ


研修を受け続けると、確かに学んでいる気になります。


(かつて、私もそうでした。汗)


ただ、それが、実践に生かされているかというと、甚だ疑問が残ります。


なぜなら、研修というのは、知識を得ることに主眼があり、それをどういかすかは、結局は、本人次第になってしまいます。


しかも、社長に限らず、社員さんも日常の仕事に追われ、忙しいですよね。


仕事→研修→仕事→研修→仕事・・・


仕事に疲れ・・


研修に疲れ・・


結果的に、良くなっているようで、良くなっていない。


そんな企業様を、沢山見てきました。


そして、また私が、研修にお招き頂くという、何とも言えない、負のスパイラル・・


だからこそ、私は、研修講師でありながら、研修をしに行くというスタンスではありません。


私は、企業を、【学習する組織】にしたいと思っています。


自走自立。


自浄作用。


どんな場面に直面しても、自分たちで考え、自分たちで乗り越えていく組織。


企業の永続には欠かせない、組織の在り方ですよね。


それでは、今日のブログです。



とても良い話が舞い込んできた!その時の考え方とは・・?

すごく良い物件があるんですが、購入なさいませんか?


とか、


後継者がいなくて廃業される会社があるのですが、事業自体は素晴らしいので、M&Aをなさいませんか?


などなど、いわゆる【美味しい】話ってありますよね。





そんなとき、皆さまは、どんな基準で意思決定をなさいますか?


お金でしょうか?


これからの、損益や成長予測でしょうか?


私も、以前なら、そのような【現在から未来】への基準によって、意思決定をしたと思います。


でも、今は、違います。


10年スパンによる経営計画がありますので、そこから、どんな意思決定をするかを判断します。


時(とき)が合わなければ、断ります。


方位が合わなければ、断ります。


私たちは、動くということはできても、意外と、待つことができません。


それは、時と方位を知らないからです。


この社会は、時と方位の影響を受けています。


つまり、時と方位の受け皿が、この社会だと言えます。


その、時と方位を知らずに、経営を行うと・・


いつも、起きた問題に対処ばかりすることになります。


良い案件も、悪い案件も含めて・・


なので、10年スパンで経営を考える必要があるのです。


どんな会社を創るのか。


どう、変えていくのか。


想いが先で、科学があとです。


想いがあるから、いつ?を選択できます。


想いがあるから、どこに?を選択できます。


私たちは、見えないもの(エネルギー)に影響を受けています。


それを生かす。


経営者として、必須の学び(科学)がそこにある。


そのように思っています。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.662-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ