ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/08/05

MQ会計

お金

学び

日々の売上だけではなく、日々の現預金残高を管理していますか?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、人生を豊かにするためにも、まずは【やらなければいけないこと】に集中しましょうとお伝えさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
【やらなければいけない】ことと【やりたい】こと


やりたいことに専念し、人生を豊かに過ごしている人を見てしまうと、自分もそうしたくなりますよね。


やりたいことをやることが、正解のような気がしてきますよね。


でも、それは、その人の【今】を切り取っているに過ぎません。


その人の【過去】というか【背景】には、やらなければいけないことを徹底的にやってきた時間というものが、積み重なっています。


そして、その時間が、【今】の豊かさに繋がっています。


私たちは、このプロセスを忘れてはいけませんね。


このプロセスに価値があることを、知っておかなければいけません。


時間をかける必要があるものには、とことん時間をかけましょう。


楽をせずに、その時間を愉しみましょう。


すると、いくらでも【やりたいことを優先できる】時間が増えてきます。


このマインドが、実は、自分の性格を変え、人生を変えていくのです・・


気付いた以上、あとは、やるだけですね。


それでは、今日のブログです。



日々の売上だけではなく、日々の現預金残高を管理していますか?

突然ですが、皆さまに質問です。


皆さまの会社ですが、昨日の現金残高が分かりますでしょうか?


売上なら分かるけど・・


ネット通販が主なので、現金はあまり動かないから・・


日々は忙しすぎて、締めてみなきゃ何も分からない・・


日々の現金残高が分かったからといって、何の意味があるのか・・


様々なご意見が聞こえてきます。汗


私の経験上ではありますが、【はい、分かります!】とお返事を頂く会社というのは、そう多くはありません。


でも、今日は、そんな方に向けて、声を大にして言いたいことがあります!


1ヶ月後の現預金残高が不明なら・・


経営が不安で不安で仕方ないなら・・


中小零細企業であればあるほど・・


日々の現預金残高を、きちんと管理なさって下さい!


現金がいくらで、どこの銀行にいくら入っているのか、毎日言えるように仕組みを作って下さい!


なぜ、そんなことをお伝えしているのか・・



現預金残高のチェックだけで蘇った会社・・

それは、見てしまったからです。


日々の現預金残高を、収入と支出と共に、必ずノートに付ける。





たったこれだけのことで、【倒産寸前だった会社】が、1ヶ月半で蘇ってしまいました。


この一部始終を、外からではありますが、ずっと見続けていました。


ビックリすることに、ノートに書かれる日記の内容が、どんどん変わっていくのです。


売上が高かろうが低かろうが、感謝の言葉が、次から次に溢れます。


そして、決定的だったのは・・


現時点で、来月末までの支払いが可能であることが、すでに分かっていることです。


経営者としての【漠然とした不安】が消え、今日しなければいけないことに集中できるようになりました。


安心して、楽しく、キャンペーンを打てるようになりました。


これは、奇跡ではないのか・・


そう思えるほど、劇的に会社が変わりました。


もちろん、毎日毎日、もうこれ以上は働けないくらいに、働かれたプロセスがあってこのことです。


そうなのですが、そんな働き方でも、倒産寸前の会社だったのです。


つまり、そのプロセスの結果を管理していなかったことが、会社を倒産寸前に追い込んでしまっていました。


如何でしょうか?


もし、皆さまの周りに、今、困っていらっしゃる方がいたら、教えて上げ下さいませ。


一刻も早く、現預金残高のチェックから始めた方が良いよ、と。


これが、リスタートの【キッカケ】になるはずですから。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.486-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ