ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/06/25

STR

いかに【あなた】のことを想っているか・・ 〜STRスコア〇タイプへの手紙の渡し方〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、見えないモノを、いかに相手に伝えるかということについて、大阪の先生のお話を書かせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
心を絵に出来ますか? 〜見えないものは形にしないと伝わらない〜


先生は、クリエイションが大切だと、ことあるごとに仰っていました。


その意味を、ようやく理解できました。


見えないモノを絵に描く。


それが、あろうがなかろうが、絵にして伝える。


絵に出来ないということは、イメージが鮮明になっていない。


つまり、クリエイションが出来ていないし、残念ながら、それは成らない。


これは、真理だなと感じました。


先生が描かれた心の絵。


それが、あろうがなかろうが、心というのもを一発で理解できました。


この創造性は、いったいどうすれば身に付くのか・・?


それはまた、別の機会にブログにてご紹介させて頂きますね。


それでは、今日のブログです。



いかに【あなた】のことを思っているか・・

昨日は、STRスコアが〇(まる)タイプの方と会っていました。
*ちなみに、私は□(しかく)タイプ。


簡易バージョンではありますが、こちらから、無料で診断ができますので、ぜひ誕生日を入力してみて下さいね。
STRコミュニケーション協会


〇タイプの特徴というのは、相互主義で、いい人で、プロセス重視。


とにかく、みんなで仲良くしたいという想いに溢れています。


その〇タイプの友人が、こんな手紙を頂いた・・と、その内容を見せてくれました。


この手紙、ぜひ見てみて下さい。


世界でも、なかなか会える人がいないくらいの人物なのに、僕なんかのために、運命共同体の始まり・・という言葉を使ってくれてるんです。


しかも、僕なんかのために、わざわざハワイから電話をかけてきて下さって・・


一緒にやろう!って、僕を求めて下さって・・


めちゃく感動的に、この手紙のことを語ってくれました。


皆さま、如何でしょうか?


〇タイプの友人が、【いかに、相手が自分のことを想ってくれているか?】に心が動いているのが伝わりましたでしょうか?


一方で、□タイプの私はというと・・


友人の言葉を聞きつつも、どんな内容なのかを掴もうとしていましたw


明らかに、〇タイプの友人とは、見ているもの、感じているものが違っていますよね。


手紙を見せて、手紙をくれた人がいかに【いい人】かを熱く伝えようとする〇タイプの友人。


〇タイプの友人らしいなぁって、すごく、ほのぼのとした気持ちになりました。



STRスコア〇タイプへの手紙の渡し方

ということは・・


〇タイプの友人に対して、手紙を送るとしたら・・


もうお分かりですね。


結論だけを書いたり、要件のみを書いたりするだけでは、絶対に響いてくれません。


逆に、いかにあなたを想っているか・・





その想いが伝われば、動いて下さる可能性が高くなるということです。


世の中には、〇タイプ、△タイプ、□タイプという3つのタイプの人たちが存在しています。


なぜ私なのか?を聞きたい人もいれば、


何が出来るのか?を聞きたい人もいれば、


いかに特別か?を聞きたい人もいます。


つまり、同じことを伝えても、聞き方が違いますので、自ずと伝わり方も違っています。


それにしても・・


如何に良い人かを熱く語る友人。


年が3つしか変わらない男性ですが、とっても可愛らしかったです。


〇タイプの感性を、存分に感じさせて頂きました。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.445-1





NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ