ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/08/11

ひとりごと

日常

Facebookに投稿される子供たちの笑顔と、テレビで流れているニュースが違いすぎる・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、会社の数字に関する基礎的な事について書かせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
会社の数字の裏には、全てストーリーがある


会社は、お金を支払い続けられる限り、倒産することはありません。


黒字だろうが、赤字だろうが、お金があれば続けられるのです。


ただ、お金というのは、勝手に溢れ続けるものではありません。


では、常にお金がプラスである状態を作るには、どうしたら良いでしょうか?


これさえしておけば、絶対に大丈夫だ!


という魔法のような方法は分かりませんが、逆に、これを把握していないのであれば・・・


いずれ、お金が底を突く!


ということだけは、ハッキリと分かっているものがあります。


それは、【会社の基幹情報】と言われるものです。


ぜひ、昨日のブログにて、その基幹情報について書いていますので、確認なさって下さいね。


会社の永続にとっては、必須の情報ですから・・


それでは、今日のブログです。



Facebookに投稿されるお子さんの笑顔と、テレビで流れているニュースが違いすぎる・・

私は、Facebookには、割と子供たちのことを書いてきました。


それは、基本的には、直接出会ったことがある方としかお友達になっていないこともあるのですが、


それよりも、


お友だちの皆さんが投稿されている、【お子さんの笑顔】が大好きなんです。


めっちゃいい顔!!


〇〇さんに、そっくり!!


みたいに、一人でニヤニヤしたりしています。


なので、その流れの一部に、私の子どもたちも乗っけちゃおう!的な・・笑


あ、今日は、そういうことが言いたいわけではなく、


Facebookに投稿されている【お子さんたちの笑顔】と、テレビから聞こえてくるニュースの内容が、あまりにも違いすぎる・・と感じているのです。


同じ国の情報なのかな・・?


と、思ってしまうほどです。



未来の子どもたちのために、遺すもの

いったい何が違うと、こうも発信する内容が違ってくるのか・・?


それは、何を大切にしているのかの違いではないでしょうか。


子どもたちのために、今、大人ができること。


子どもたちの未来のために、今、大人が守らなければいけないこと。


そして、遺すもの。


それは、子どもたちの飛びっ切りの笑顔だったり、


仲間との嬉しそうな表情だったり、


大人までもらい泣きしてしまいそうな、悔し涙を流している表情だったり。


そういった場を作ってあげることですよね。


逆に言うと、そういった場を奪わないことですよね。


子どもたちの未来のためにと、各地で大人が立ち上がっているのも、そういった理由からだと思います。


でも、ニュースやワイドショーを見ていると、その力が削ぎ落とされていく・・


不思議なものです。


もうテレビは見ない・・


そういう声が、多く聞かれるのも頷けます。



今、私たちにできること

ニュースやワイドショーの情報を見て、子どもたちから行動を奪うのではなく、


今、私たちにできる精一杯を、子どもたちに体験させてあげる。





そして、その場に全力を尽くす。


一所懸命だから、笑顔が溢れます。


一所懸命だから、仲間と喜び合えます。


一所懸命だから、悔し涙が流れます。


こういった体験が、また未来の子どもたちに繋がっていくはずです。


子どもたちは、夏休みの短さを悲しんでいるかもしれません。


でも、この夏休みに何を体験させるかによっては、その短さではなく、大切なものの方が残るのではないでしょうか。


さぁ、今年の夏。


子どもたちに、どんな体験をさせますか?


それは、私たち、大人の手にかかっていますよ〜!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.492-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ