ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/07/20

全体最適思考

学び

会社に必要な人財とは・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、2年ぶりに高校野球観戦記を書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

往復1時間40分、試合観戦20分。それでも観たい最後の夏・・


我が子と同じように、特別な存在。


昨夜、妻と晩酌をしながら、その存在について、ずっと話し続けました。


他の子には申し訳ないけど、あの子(りくと)だけは違う・・


なので、私も妻も、りくとの最後の戦いだけは、何としても見届けたい・・


そんな気持ちなのです。


大人をそうさせる存在。


あの子がもつ魅力的な人間性・・


ナイスオンの、ドラフト1位は確実です。


りくとに断られるだろうけど・・笑


それはそれで悲しいので、彼が入りたいと言ってくれるような、良い会社を創ります!


それでは、今日のブログです。



会社に必要な人財とは・・

人材ではなく、人財。


あえて、【財】という漢字を使ってみました。


なので、文字通り、財を生み出すことができる人のことを、人財と定義したいと思います。


では、会社に必要な人財とは・・?


それは、【考え続ける】ことができる人です。





では、考え続けるって何でしょうか?


考えるとは、【生み出す】ということですから、考え続けるとは、【生みだし続ける】ということになります。


念のために書いておきますが、【生み出す】ことがなければ、それは【考えた】とは言わないということです。


そういう視点で、会社を見回してみて下さい。


考え続けることができている人って、いますでしょうか?


言い方を変えると、何かを【生みだし続けることができている】人が、いますでしょうか?


もし、いなければ・・


あなたの会社には、人財がいないということです。


いらっしゃるのは、言われたことを黙々とこなす人材・・


これだと、会社が良くなっていくイメージが沸きませんよね。


だからこそ、会社には、人財が必要なのです。


でも・・


人財を採用できるほど、中小零細企業の採用活動は、あまいものではありません。


では、どうしたらいいでしょうか?


それは・・


とても当たり前の話ですが、【育てる】ことです。


材を財に変えるのです。


が、これもまた難しい・・


のですが、人財のいらっしゃる会社の共通点として、【人事戦略】があげられると思います。


簡単に言うと、どんな人に育って欲しいかが、とっても明確なのです。


ここで、先ほどの質問(人財がいますか?)に、人財が見当たらないと思われた方に、改めて質問させて頂きます。


あなたの会社には、人事戦略がありますか?


また、その戦略に則って、評価や教育が仕組み化されていますか?


人財が育つか育たないか・・は、その人の能力ではなく、このような仕組みや場づくりに大きく左右されるのです。


弊社は、そのような仕組み化も支援しておりますので、お心当たりのある方は、ぜひ、お問い合わせ下さいませ。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.835-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ