ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/05/06

ひとりごと

入ってくる情報ではなく、多角的に情報を掴みにいくことが大切! 

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、江戸末期の日本と、現代の日本に起きていることが、本質的に同じではないか・・という、仮説を立ててみました。


昨日のブログは、こちらです。

江戸時代の終期(1800年代)から明治維新までに【起きた】ことと、今の日本に【起きている】こと・・


約170年前、ペリーが黒船で日本にやってきた時、当時の日本人は、何を思ったのか・・


衝撃・・


という言葉では、言い表すことができない感情が芽生えたのではないか・・


そう思うのです。


なぜなら、ペリーの黒船は、当時の日本の船の約25倍の大きさなのです。


25倍の大きさの船が、4隻も・・


しかも、翌年には7隻も・・


この船を作る(持つ)国から、日本を守るにはどうしたら良いのか・・?


それはそれは、夜も眠れる日々だったのではないか・・


そう推測できますよね。


そして、現代に目を移すと・・


武漢で発生したコロナが日本にやってきて・・


このコロナから、日本を守るにはどうしたら良いのか・・?


当時とは違いますが、【国を守る・・】という意味では同じですよね。


それでは、今日のブログです。



入ってくる情報ではなく、多角的に情報を掴みにいくことが大切!

さて、ここで。


今の政府に、その解決を任せていても良いのか。


はたまた、日本国民一人ひとりが、正しい情報に耳を傾けて、立ち上がるのか。


如何でしょうか?


コロナウィルスは、消滅しません。


インフルエンザが消滅しないように。


だとすれば、


コロナウィルスを消滅させる・・


という戦略は、その根本から間違っていると言わざるを得ません。


そして、感染した人が非難される必要もありません。


そうではなく、コロナウィルスがあったとしても、日本という国らしく、日本人らしく【在ること】が大切ではないでしょうか。


黒船に恐れ慄いた幕府。


それではいかん!と立ち上がった藩士。





日本国民らしさは、どちらでしょうか。


やはり・・


書けば書くほど、今、我々がしなければならないことは明確ですよね。


メディアからの偏った情報ではなく、もっともっと多角的に情報を掴みましょう。


まずは、そこからです。


下記のYouTubeなども、参考の1つとして、ご覧になっては如何でしょうか?





今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.760-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ