ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/09/29

TOC

全体最適思考

清水式TOCによる企業研修のすすめ

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、関所を超えるために必要な2つの念について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

関所を超えた人・・


昨日のブログを書いたあとに、思ったのですが・・


感謝の念と畏敬の念は、関所を超えるためだけに必要なものではないですね・・


これは、在り方そのもののお話しでした。


ブログを書きながら、ブログで学ばせて頂けてる。


やはり、900日を超えて書き続けたことって、自分のためになっているんだ・・


そう思えた瞬間でした。


皆さまも、ブログを始めてみませんか?


あなたのブログを必要としている人は、あなたのすぐ後ろを歩いている人なのですから。


それでは、今日のブログです。



清水式TOCによる企業研修のすすめ

昨日は、清水式TOC研修の初日でした。


今回は、東京の企業さまにお招き頂きましたが、今回で、5回目のTOC研修になりました。





5回目と言っても、5ヶ月連続とかではなく、1〜2年に1回くらいのペースでの開催です。


MG(マネジメントゲーム)研修は、1年に1回の開催だと、その成果を出すのがとても難しくなりますが、清水式TOC研修は、1年とかの間を開ける方が、継続的な成果に繋がるようです。


それは、1回の研修では、知識にはなったとしても、日常の行動のなかで、どうしても元々の考え方に戻っていくからだと思います。


だからこそ、1年に1回は、チューニングをすることが大切です。


分かった・・ということと、できる・・ということは違います。


そして、できる・・という環境を生み出すのに、この清水式TOC研修はとてもお勧めです。


この研修は、インストが何かを伝えると言うより、参加者の皆さまが【対話】をしながら進めていきます。


お一人おひとりが、自分の考えを伝えることになりますので、いつの間にか、周りの社員さんのことを深く知る機会になります。


実は、これが大切なのです・・


一緒に働いている仲間のことを知る。


しかも、どういった考え方をしているのかを知ること。


そして、知った上で、何をしていくのかを決めるいきます。


さらには、その勢いで業務フロー図を作成して、会社を良くするための案を出していきますので、翌日からの実践が変わるのです。


如何でしょうか?


なぜ、頑張っても頑張っても成果が出ないのか・・


そう思われている方は、ぜひ、お問い合わせ下さいませ。


その理由を、社員さんと一緒に共有し、そして、どうすれば変えられるのか、社員さんと共に生み出すことができますから。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.906-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ