ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2022/01/02

学び

日常

親孝行のカタチ・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、1,000日目の更新として、学びについて書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

学びとは・・自分が自分であることを実行すること・・


学びとは、何かの知識を得ることではなく、自分が自分であることを実行すること。


つまり、学びとは、自分の外にあるものではなく、自分の中にあるもの。


そのように、昨日のブログに書いたのですが、この内容には、さらに続きがあります。


それは、他人のため・・といういお話しです。


何が、他人のためになるのか・・?


それは、他人のために何かをすることではなく、自分が自分を実行すること【そのもの】なのです。


ん!?と、思われていることでしょうね・・


ただ、このお話しは、また別の機会に書いてみたいと思います。


それでは、今日のブログです。



親孝行のカタチ・・

昨日、1,000日連続更新の目標を達成したわけですが・・


やはり、今朝、このブログをどうするのか・・降ってきました。笑


それは、ナイスオンの設立日である11月11日に合わせて、1,111日まで続ける・・というものでした。


昨日まで、全く何も考えておりませんでしたが、ふと、そのように思いました。


なので、【継続】決定です。


と、同時に・・


このブログ筋トレの後継者を募集しようかと・・


どなたか、私が、1,111日を達成する前に、名乗り出て下さいませ。


それは、さておき・・


昨日、例年通りに、それぞれの実家と氏神さまお詣りに行ってきました。


家族揃って、今年も初詣ができたこと・・


この、当たり前なようで当たり前ではないことに、心からの感謝を込めてまいりました。


そして、今年のお正月には、私の父に、どうしても見せたいものがありました。


それは、父が、途中で断念した【家系図】です。





まだ、完成はしていないのですが、現時点での途中経過を見せてきました。


父は・・


四ケ所家の家系図を眺め・・


話が止まらなくなりました。笑


私も知らなかった話を、妻・息子・娘に聞かせてくれました。


その様子を見ながら・・


両親に家系図のプレゼントをすること・・って、親孝行の1つのカタチだ・・


心から、そう思いました。


父には・・


戸籍での調査は全て完了しており、これから、様々な文献によって遡って頂くこと、


そして、完成したら、すぐに持ってくることを伝えました。


すると・・


父方のご先祖さま


母方のご先祖さま


が、喜んで下さっているような温かさを感じました。


如何でしょうか?


皆さまは、家系図をお持ちでしょうか?


過去があるから、未来がある。


そして、三世(過去・現在・未来)一体だとするなら・・


過去を明らかにすることの意味って、ものすごく大切で大きなことだ・・


家系図を通して、そのように気付きました。


今回、四ケ所家・大石家の家系図の作成を依頼しているのは・・


家樹株式会社さまです。


対応も親切ですし、今のところ、何の不満もありません。


ご興味があれば、ぜひ、お問い合わせをしてみて下さいね。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後も、ナイスオン公式ブログを読んで下さると嬉しいです。


またのお越しを、心からお待ちしております!


ブログ筋トレVol.1,001-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

人気記事ランキング

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ