ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/11/25

学び

空学

意味があるから実践するのではなく、実践するから意味が出てくる・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。


昨日のブログでは、人の学び方に関する3つのタイプをご紹介しました。


昨日のブログは、こちらです。

I型<T型<V型・・V型人間だからこそ、学びに幅と深みがでる!


1つのコトだけに精通するのではなく、Vというアルファベットのように、幅広く精通することを心がけること。


西先生は、そのために必要なのは好奇心だと仰います。


私が申し上げるのも何なのですが、西先生の好奇心は旺盛です。


だからこそ、西先生のMGは、今も尚、進化を続けるのだと思います。


1つを極めようとするのではなく、他のことにも興味関心を抱くから、1つのことが極まっていく。


西先生を拝見していると、そのように感じます。


好奇心。


いつまでも、若々しくいるために必要な要素でもありますね。


それでは、今日のブログです。



意味があるから実践するのではなく、実践するから意味が出てくる・・

実践する意味が分からないから、やりません。


よく、そのような言葉を耳にします。


おそらく、実践する意味を頭で考え、実践するに値するかどうかを検討して、【やらない】という意思決定になるのだと思います。


が・・


意味があるから実践する・・ことに、そもそも意味なんてない・・ような気がします。


というより・・


実践する意味があるかどうかよりも、実践する(やってみる)ことに意義があるのであり・・


実践し続けるからこそ、その意味が生まれる・・


と思うのですが、如何でしょうか?


最近の傾向なのか・・


昔から(以前から)そうなのかは分かりませんが・・


意味を考えて、【やらない】という意思決定をする人が多すぎる・・ような気がしてなりません。


余計なお世話かもしれませんが、四の五の言わずに実践している人との差は開く一方です。


まず、やってみる。





そして、直す。


この繰り返しが、私たちの人生を良化していくのです。


決して、頭で理解するかどうか・・の問題ではありません。


変な表現になってしまいますが・・


バカ(アホ?)になったつもりで、何も考えずに取り組むものがあっても良いのではないでしょうか?


案外、そういったことから新しい考えが生まれてくるものです。


もし、皆さまが行き詰まっていたとしたら・・


四の五の言わずに実践してみては、如何でしょうか?


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.963-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ