ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/06/19

学び

なぜ、私たちは【人の成長】を待てないのか・・?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、自らの居場所の考え方について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

それぞれの場所で、なくてはならない人になる!


居場所は、外に求めるものではなく・・


自分が創るものであり・・


そして、それは、それぞれの場所でいい・・


そこに気がつくと、初めて、自分自身の内面に入っていけるようになります。


自らが持っている原石に辿り着く・・


そんな感覚です。


私たちは、どうしても、相対的に周りと比較してしまいますが、


自分は、自分にしかなれません。


だからこそ、本当の自分に気付くことが大切ですよね。


知識は、外から得ますが、学びは、自分の中にあるのです。


ぜひ、自分の中に入っていって下さいね。


それでは、今日のブログです。



なぜ、私たちは【人の成長】を待てないのか・・?

今日は、冒頭から皆さまに質問です。


水は、何度になったら沸騰するでしょうか?


一般的には、100度と言われますよね。


では、次の質問に移ります。


皆さまは、水が何度になったら、その変化に気がつくことができますか?


何度かは分かりませんが、気泡が出始めたら・・


という回答が、多いのではないでしょうか?


今、調べてみたら、60度くらいで気泡が出始めるそうです。


さて、ここで、今日のテーマです。


なぜ、私たちは【人の成長】を待てないのでしょうか・・?


これは、先ほどの【水の沸騰までの過程】で説明ができます。


水は、温め続けると、60度になってようやく、その変化を見せ始めます。


気泡が、ポツポツと出始めますよね。


ただし・・


それまでは、温めても温めても、温まっているのかどうか、触らない限りは一切分かりません。


例えば、ガスコンロの火が見えなければ・・


温められていることさえ、気付かないかもしれません。


つまり、人も同じなのです。


最初は、その人の成長を願って、熱心に支援をします。


これでもかぁ、これでもかぁと関わります。


そして、その人も、その期待に応えようと、必死に頑張ります。


ただ、当分の間は・・


周りから見ると、何も変わったようには見えません・・


そして、ついに・・


いつまで経っても成長しない・・


という烙印を、勝手に押してしまうのです。


本人は、すでに【熱く】なっているのに・・





さらには、もう少しで、その人の成長が、目に見えるカタチで表れるのに・・


如何でしょうか?


人の成長は、その人の資質によって、


いつ、どのようなカタチで、目に見えるようになるかは分かりません。


だからこそ、支援していく側は、【ある信念】が必要なのです。


人は、変わる。


人を、決して諦めない。


なぜなら、自分の大切な家族の支援を、


この子は、ダメだ・・


と、諦めますでしょうか?


諦めませんよね?


この子だって、いつかは・・と、思いますよね。


それと、同じです。


社員さんが、大切な家族だとしたら、諦めるわけにはいきませんよね。


もう一度、お伝えします。


人は、その成長が表れるまでに、時間がかかります。


なので、ユックリとジックリと待ちましょう。


私たちにできることは、信念を持って、その火を消さないことだけなのですから。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.804-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ