ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/06/12

学び

組織における【うまくいく】ルールとは・・?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、経営に、不思議の負けがあるのか否かについて、書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。

経営に、不思議の「負け」はあるのか・・?


故・野村克也監督は、勝ちに、不思議の勝ちはあっても、負けに、不思議の負けは無しと仰いました。


負けるときは、負けるべくして負けますし、必ず、負けに繋がる要因がある・・ということですよね。


これは、経営にも、ずばり当てはまることだと思います。


黒字には、天運が働くときがありますが、赤字には必ず理由があります。


その理由を、外部環境に求めるのか・・


それとも、内部環境に求めるのか・・


によって、先ほどの言葉の意味が分かると思います。


赤字には、必ず赤字になる理由がある。


しかも、内部に・・


これが大前提です。


それでは、今日のブログです。



組織における【うまくいく】ルールとは・・?

企業の命題とは・・時代適応であり、


組織の命題とは・・社長の方針を実現することです。


ということは・・


社長の掲げる方針は、


社員さんを幸せにするものでなければなりませんし、


その方針の実現は、


時代に適応するものでなければなりません。


その上で・・


組織において、社長の方針を実現するために、


うまくいくルールがあるのか否か・・


というのが、今日のブログのテーマになります。


ここで、突然ですが、皆さまは、ゴルフをされますでしょうか?


私は、昨年末から、10年以上ぶりに再開しました。


その腕前は・・100を切れません。涙


それは、さておき・・


ゴルフは、ルールが細かく決められております。


その中には、罰則もあります。


でも・・


楽しい!!


みんなで楽しんでいるんです。


それは、いったいなぜでしょうか?


なぜ、楽しいのでしょうか?


ここに、今日のテーマのポイントがあります。


それは、決められたルールの中で、自分に、その意志決定権があるということです。


例えば、下の写真を見て下さい。





ゴールである、カップの籏はまだ見えません。


これを、ドライバーで打つのか、アイアンで打つのか、ユーティリティで打つのか・・


どうやって、ゴールに近づけていくのか・・


それは、自らが選択できるのです。


仮に、このホールが【450ヤードのパー5】だとすると、決められているのは、


距離が450ヤードである。
5打でカップに入ればOKである。


と、いうことなんです。


つまり、5回でカップインさせるために、どうやってグリーンに近づけていくかは、置かれた環境や自分自身の強みや弱みを考慮しながら、自分で決められるのです。


だから、楽しい。


だから、悔しい。


ゴルフは、いつだって自分事なんです。


だから、練習をして、次こそは・・と、モチベーションが上がりますよね。


これは、ゴルフだから言えるのでしょうか?


いいえ、そんなことはありません。


組織にも同じことが言えます。


うまくいっていない組織は・・


全部に、ルールがあります。


ルールブックが無かったとしても、そこには、暗黙のルールがあったりするのです。


450ヤードのパー5。


うまくいっている企業ならば・・


社員さんがワクワクしながら、何を使おうか・・と考えていることでしょう。


一方で、うまくいっていない企業の社員さんは・・


1打目は、ドライバーに決まっている。


いや、使わないといけない・・


と、思っていることでしょう。


これだと、ドライバーが苦手な社員さんは、すぐに、会社を辞めたくなります。


得意の7番アイアンなら、150ヤード飛ぶので、3打目で確実にグリーンに乗せられるのに・・


これで、会社は、7番アイアンに絶対的な強みをもった社員さんを、自ら失っているのです。


如何でしょうか?


皆さまの会社のルールは、どちらでしょうか?


ルールがあるから楽しいのか。


あるいは、ルールにがんじがらめになってしまっているのか。


先ほども書きましたが、ゴルフには、細かいルールがあります。


でも、その中で、どう戦っていくかは、選手の自由です。


だからこそ、自分との戦いでもありますし、自分の成長もまた感じることができますよね。


ゴルフの戦いは、18ホールを72で回ることをイーブンパーと言います。


そして、各ホールにも何打をパーとするか決められています。


これが、最低限の目標です。


皆さまの会社にも、その期の最低限の目標がありますよね。


そして、それを各月に振り分けていますよね。


その中で、どうしたらそれをクリアできるかを、自ら考え実践する。


だからこそ、仕事が楽しくなりますし、自己研鑽に励みたくなるのではないでしょうか。


何も無いと面白くありませんし。


あり過ぎても面白くありません。


このさじ加減が難しいですが、ルールのあるスポーツを参考に、自社を振り返ってみるのも、良い会社を作るための1つの手段ではないでしょうか。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.797-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ