ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/02/12

学び

示道塾

日本初のタイヤ買い取りドライブスルー!宇都宮のアップライジングさんに行ってきました!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、【目的に向かって】突き進むための読書術を、ご紹介させて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
本を読まない読書術 〜ビリオネアの読書術を体験しました〜


このビリオネアの読書術は、100回やると考え方が変わり、300回やると人生が変わるというトレーニングになります。


つまり、1日1回として約3ヶ月で【考え方が変わり】、約10ヶ月で【人生が変わる】ということです。


自らの言い訳を一切消して、愚直にトライしてみます。


10ヶ月後の私を、ぜひ見ていて下さいね。


皆さまも、このビリ読にご興味がありましたら、講師の田中克成さんをご紹介致しますので、ぜひ、お声がけくださいませ。


それでは、今日のブログです。



第3回ホワイト企業人間力経営賞を受賞された、アップライジングさんに行ってきました

このNICE ON公式ブログでも、何回か書かせて頂きましたが、NICE ONは、博多示道塾を主催しております。


その示道塾の特別講座に、本氣の社長塾がというものがあり、2019年には、4回の主催をさせて頂きました。


そして、その本氣の社長塾に、講師のお一人として来て頂いたのが、第3回ホワイト企業人間力経営賞を受賞された、有限会社アップライジングの斎藤幸一社長でした。


そのお人柄、講話の内容に、心から感動したのを今でもハッキリと覚えています。


そのときのブログは、こちらです。
第六期博多示道塾の特別講座【本氣の社長塾】第2講で学んだこと/2019.0221


そして昨日、ついに、アップライジングさんに訪問させて頂くことができました。


斎藤幸一社長自ら、JR宇都宮駅までお迎えに来てくださり、車にて、会社に連れて行って下さいました。


その道中に、【普通の中古タイヤ屋さん】をイメージしていて下さいね!と仰いました。


そして、念願のアップライジングさんに到着したのですが、まず、その広さに驚きました!


なんと、1,800坪だそうです。





駐車場に置ける車の台数は、なんと100台以上です。


明らかに、普通の中古タイヤ屋さんではありませんよね!


次に、斎藤幸一社長のお話を聞かせて頂くために、会社の中に通して頂きました。


すると、お客様のところに私の名前がありました。





こちらこそ、迎えて頂き、ありがとうございますという気持ちでした。


斎藤幸一社長から、その数々の取り組みの内容、そして、その目的を聞かせていただきました。


その1つには、あのムハメド・ユヌスさんとの合弁会社の話がありました。





私からしたら、もはや凄すぎて、イメージがなかなか沸かなかったのですが、斎藤社長は、当たり前のようにその目的を語って下さいました。


損得ではなく、【目的を追求】していくと、その頂点にいる人に繋がっていくのだなと、改めて感じることができました。


そのあとは、実際に現場を見ながら、その目的と取り組み内容について、説明をして頂きました。


アップライジングさんでは、どんなアルミホイールでも、1本から買い取ってくださるそうです。





しかも、日本初の買取ドライブスルーがあります!





このレーンを進むと、買取査定の場所に到着します。





ここで査定をしてもらい、AからDまでの4つのピットを過ぎたところで、お金を受け取ります。


査定からお金の受け取りまで、全く車を降りることなく、タイヤの積み下ろしなどの全てをスタッフさんにお任せすることもできます。


他の会社でも、買い取りサービスはやっていらっしゃるようですが、他社との違いは、圧倒的な査定の速さだそうです。


1時間や2時間は当たり前のところもあるようですが、アップライジングさんは、たったの数分です。


その仕組みも説明して頂ききましたが、やはり、【見える化と情報の共有】がポイントでした!


アップライジングさんは、社会貢献にも積極的に取り組まれています。





私にもできることはないか、1人の人間として、考えながらお話を聞かせて頂きました。





壁には、これまでの支援金額の実績が掲げられておりましたが、その額、なんと330万円です。





タイヤ1本につき20円の支援とのことでしたが、積み上がっていくんですねー。


私だけではなく、NICE ONもまた、出来ることから始めようと思い、支援の申込書を頂きました。


鳥栖に戻ったら、支援の開始です。


次は、商品の展示場です。


このスペースだけは、私がイメージした普通の中古タイヤ屋さんのように見えました。





しかし、実際は違いました。


販売されているタイヤが、どれもこれも、新品のように綺麗に磨かれていました。


そのきれいなホイールの中には、ここで歪みを直し、研磨されたものもありました。


全国に、何千のタイヤホイール修理と掲げているお店がありますが、機械を導入して、実際に店舗にて修理しているところは、数十店舗しかないそうです。





なので、機械を導入している会社のみで組合を作り、お客さまが判断できるように、正しく情報を発信なさっているとのことでした。


下のホイールは、海外からの実習生が、歪みや傷を修理したものです。





写真だと伝わりにくいかもしれませんが、実物は、本当に美しかったです。


アップライジングさんで、しっかりと技術を身につけて母国に戻り、母国の皆さまが、安心して車に乗れる環境を作っていくのだそうです。


他国の文化にも影響を与えていらっしゃる・・


本当に凄すぎます。


また、その取り組みは、タイヤに関するものだけではありません。





飼い主がおらず、処分されてしまう猫を救うために、会社内に猫専用のスペースを作り、里親を探しておられました。





これまでに、50匹以上の猫が、新しい飼い主のもとに旅立っていったそうです。


さらに、敷地内のスペースを間貸しされていました。


そこには、ネイルサロンがありましたが、電気代・水道代は無料とのことでした。


若いデザイナーに、猫ちゃんのスペースをデザインする機会も与えていらっしゃいました。


これらは、全て、地域への貢献に繋がりますよね。


が、まだまだこれでは終わりません。


餃子の販売もなさっていました。


売れるなら何でもやるのか?


もしかしたら、そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。


そこには、何のために?という目的がしっかりあるのですから。


あるとき、斎藤幸一社長の講話を聞かれた方が、社会貢献活動を推進するアップライジングさんに、タイヤ以外で貢献する方法が欲しい・・


遠方で、車のことに関しては、サービスを受けられないから・・


それで出来たのが、この餃子なのです。





実際に食べさせて頂きましたが、めちゃくちゃ美味しかったです。


他にも、授乳室、子供の遊び場、車いすの方でも楽に行けるトイレなど、とにかく、お客さまのことを徹底的に考えられた社内でした。


また、斎藤幸一社長に【変わるキッカケ】を与えられた居酒屋さんにお声がけされ、駐車場の敷地の一角に、ラーメン屋さんがありました。





ここだったら、100人のお客さまが行列を作っても、駐車場では困りませんよ、と。


如何でしょうか?


私は、斎藤幸一社長の軸にある懐の深さに、どんどんと魅了されていきました。





まさに、この目的がカタチになっていくというのは、こういうことだと実感しました。


そして、行ってみてハッキリと分かったことは、【普通の中古タイヤ屋さん】ではないということです。


【圧倒的に突き抜けた】中古タイヤ屋さんでした。


皆さまも、ぜひ、足を運んでみて下さいね。


斎藤幸一社長、大変お忙しい中お時間を作って下さいまして、本当にありがとうございました。


また必ず訪問させて頂きます!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.311

NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ