ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/08/26

MT

正確、かつ、迅速な仕事には、データベース思考が欠かせない!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、毎月1回、とても楽しみにしている勉強会について、ご紹介致しました。


昨日のブログは、こちらです。

博多、札幌、神戸。3つの都市で、経営問答会の開催です!


154戦無敗・・


このように書くと、何かのスポーツのように感じてしまいますね。


正しく書くと・・


154事業の全てを成功させた・・


如何でしょうか?


経営という世界で、無敗・・


とても信じられませんが、ウソのような本当のお話です。


しかも、まだ49歳で、現役バリバリの経営者・・


ぜひ、経営問答会に参加され、その目で確かめてみられませんか?


なぜ、全てを成功させることができたのか・・


その理由が、とってもよく分かりますよ。


それでは、今日のブログです。



正確、かつ、迅速な仕事には、データベース思考が欠かせない!

下記は、2021年度1学期の成績表です。
*例えですw


四ケ所家4人の、国語・算数・理科・社会の点数が記載された表なのですが・・





皆さまが、学校の先生だとして、この表に違和感がありますでしょうか?


それとも、皆さまが表を作るとしても、同じような表を作りますでしょうか?


実は・・


こういった表を作るタイプの方は、仕事が遅くなる・・という傾向があるのです。


それには、様々な理由があるのですが・・


例えば、この表のタイトルが、【2021/1学期】ということは、確実に、別ファイルに2学期、3学期の成績を記録しますよね。


では、四ケ所秀樹の1年間の合計は?と聞かれたら、どうするんでしょうか?


他にも、四ケ所大翔の1年間の数学の平均は・・?と聞かれても、同じことです。


ファイルが分かれていますので、それぞれのファイルを合算するなど、何かしらの工夫が必要になりますよね。


ということは・・


きっと、そこまで想定して仕事ができていないのです。


極端に言うと、記録することが仕事・・


そうなんです。


記録した数字を、何かに生かそうとしていないことが、ものすごく問題なのです。


そこで・・


下記の表をご覧下さい。





きっと、先ほどのシンプルな表の方が、見慣れていますよね?


でも・・


この表の持ち主こそ、データベース思考で仕事に取り組んでいる人なのです。


この表を見ていれば、2学期も3学期も、この表の下に【データを追加していく】だろうことが予想されます。


つまり、いつ、どんな質問が来ても答えられるように、データを作っているのです。


表に入力すること・・と、データをためること・・


明らかに、その考え方が違っていますよね。


と、いうことは・・


2番目の仕事をしているの方(データをためている方)が、圧倒的に仕事が早く、経営の役に立つのです。


ん〜!!


うまくお伝えできなくて、もどかしいです!


もし、データベース思考について、もっと知りたい!と思われたら、メッセージをお願い致します。


どのようなカタチになるかは別として、しっかりとお伝えできる場を作りますので!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.872-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ