ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/01/10

学び

お客さまと目的地を共有することの意義

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、今も降り続けている大雪について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
鳥栖は大雪に見舞われています!〜鳥栖にとっては大雪・・〜


さすがに、ここまで降ると、安全を優先して早く家に帰ることを考えました。


お客さまからも、そう仰って頂きましたし、妻も、早い帰宅を喜んでくれました。


やはり、私たちは、どんな天気になろうと、天気そのものに何を言っても始まりません。


天気を受け入れ、天気と共存。


そして、自然の摂理を未来の意思決定に取り入れる。


この生き方こそが、理に適ったものであり、永続の法則です。


天気が荒れれば荒れるほど、そう感じずにはいられません。


それでは、今日のブログです。



お客さまと目的地を共有することの意義

昨日は、今年からご依頼を頂いたお客さまを訪問致しました。


大雪でしたし、Zoomもお互いに使えますので、訪問する必要はなかったのかもしれませんが、やはり、最初は会ってお話しをするほうが、言葉だけではなく気持ちも読み取れます。


昨日も、そう感じましたので、やはり、訪問して良かったです。


その中で、どうしてもやりたかったこと。


それは、目的地の共有です。


よく、問題や課題を聞いて、それを解決するための計画を立てると言いますが、私は、その手法には疑問を持っています。


なぜなら、問題や課題の言葉の定義そのものが、ズレてしまっている場合がほとんどだからです。


人は、自分の主観や考え方で、好ましくないものを判断します。


そして、それを問題として、その解決手法を考えます。


でも、それって、本当に問題なのでしょうか?


真因という【本当の問題】が生みだした、ただの現象に過ぎないということも、往々にしてあるのです。


だからこそ、まずは、目的地、つまり理想の共有が大切です。


理想を共有してこそ、はじめて、現実との差である【問題】が明らかになります。


そして、その問題を解決するための課題を、月々のテーマとして掲げるのです。


さらには、そのテーマに、社員さんと一緒に取り組み、一つひとつをクリアをしていくことで、チームの成長も育めます。


如何でしょうか?


目的地に一歩ずつ近づいている様子が、目に浮かびませんでしょうか?


まさに、目的地にナイスオン!です。





ぜひ、手法から先に考えるのではなく、


まずは、経営者自身が、自らのビジョンを明らかにし、


社員さんと共有をし、


外部の支援者に伝え、


一丸となって、そのビジョンに向かう意思統一から始めましょう!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.644-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ