ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/10/24

学び

空学

夢を夢とせず、理想に変える

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、時間の中の時間という概念について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
時間の中に時間がある・・


寝ているのか、寝ていないのか・・


そんな時間を、時間の中に感じること。


その瞬間こそが、潜在意識と繋がっているとき・・


何となく分かる気がしますが、出来るか?と問われたら・・


今は、無理です・・涙


が、とにかく毎日、練習しようと思います。


そして、天から授かった自分の中にあるものと繋がってみます!


何があるのか・・


今から、とっても楽しみです。


それでは、今日のブログです。



夢と理想の違い

5日間の大阪出張も、今日が最終日になりました。


師との時間。


そして、共に学ぶ仲間との時間。


本当に豊かで、有意義なものでした。


最終日の今日も、大切に積み重ねていきます。


では、今日もまた、昨日の学びについて、ご紹介致します。


皆さまは、【夢と理想の違い】って何だと思われますか?


夢と想い・・


これだと、意味としては似てくるのかな・・と思いますが、理想となると話が変わります。


理想には、【理(ことわり)】という字がついています。


真理、摂理、道理・・


こういった言葉があるように、【理(ことわり)】とは、道がつく・・という解釈になります。


なので、理想とは、想いに道がついていて、


逆に、夢には、そこに辿り着くための道がついていません。


つまり、夢は、そのままでは宙に浮いているのです。



夢を夢とせず、理想に変える

ということは・・


夢は【夢のまま・・】なのです。


だからこそ、夢を夢のままとせず、理想に変える必要がありますよね。


では、夢を理想に変えるには、どうしたら良いのでしょうか?


これは、以前にも書いたことになりますが、まずは、【日付をいれる】ことです。





その夢は、いつ達成するのか。


次に、その日までの【計画を立て】ます。


ここに、道がつく必要がありますので、【時(とき)】の出番です。


地球の時は、どうなっているのか。


そして、私の時はどうなっているのか。


時が分かるからこそ、その日付までの過ごし方の裏付けとなるのです。


逆に言えば、時が分からないと、計画の立てようがありませんし、立てたとしても、その裏付けはありません。


モノゴトには、理(ことわり)があります。


その理に適うからこそ、夢が理想に変わるのです。


如何でしょうか?


皆さまの想いは、夢でしょうか?


それとも、理想でしょうか?


ぜひ、夢を夢のままとせず、理想に変えましょう。


理想に変わったら、あとは、決して諦めることなく、愚直に前に進むだけですから。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.566-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ