ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/10/23

学び

空学

時間の中に時間がある・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、今年最後の素の會勉強会について書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
今年最後の素の會勉強会 〜自分を学ぶ3日間〜


自分の命をどこに向けて運んでいるのか・・。


自分の人生に何を求めているのか・・。


自分とは誰か・・。


これらは、昨日、私たちに問われた内容です。


皆さま、如何でしょうか?


皆さまは、誰の人生を生きていらっしゃいますか?


人は天の媒体。


背負っている宿命は変えられないものの、運命は、その人の性格によって上書きされていきます。


本当の自分の人生を生きるには・・。


この素の會勉強会は、その【キッカケ】になる場だと、改めて思いました。


今日は、2日目です。


しっかりと、自分自身と向き合ってきます。


それでは、今日のブログです。



時間の中に時間がある

時間の中に時間がある・・


昨日の講義の中で、最も印象的だった言葉です。


でも、この言葉だけでは、何のことか分かりませんよね・・汗


では、少し説明させて頂きます。


人は、眠りに落ちるまで意識がありますよね。


一方で、眠りに落ちてしまったら、意識ができなくなりますよね。


この間に、僅かな時間があるのだそうです。


そして、この、意識があるのか、無いのか分からない時間に、私たちは潜在意識と繋がっている・・


つまり、この時間を引き延ばすことができれば、潜在意識と繋がっている時時間を長くすることができる・・


と、いうことなのです。


如何でしょうか?


私には、眠りに落ちる瞬間に、時間を感じた経験がありません。


なので、時間の中に、時間を感じたことがありません。涙


それにしても、【時間の中に時間がある】という表現・・


本当にオシャレですよね。


そこに、感心している場合では無いのですが・・汗



人生の計りごと

そして、今日は、【人生の計りごと】を記入していきます。


2030年までの10年間を記入するのですが、単なる記入ではありません。


自らの100年という時の流れを知り・・





10年という時の流れを知り・・


1年という時の流れを知った上で・・


2028年を軸に、2023年、今・・と、イメージしていきます。


そして、そのイメージを具体的に見える化するのです。


ここで、冒頭の問いを覚えていらっしゃいますでしょうか?


自分の命をどこに向けて運んでいるのか・・?


実は、この問いの1つの答えが、自らの計りごとの中にあります。


例えば、2028年がありありとイメージできれば、それは、自らの命を2028年に向かって運ぶことになるのです。


如何でしょうか?


皆さまは、未来の自分の、あるいは、自社の姿をイメージできていますか?


できれば、潜在意識と繋がった状態でイメージできたら最高ですね!


私も、チャレンジします!


毎日、あっという間に寝てしまうので、至難の業だなと思いつつ・・


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.565-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ