ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/10/12

STR

STRスコア□(しかく)の3番タイプは、名前を【ちゃん】付けで呼ばれるのが好き説

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、154もの事業を生みだし、その全てを成功させてきた経営者の言葉をご紹介致しました。


昨日のブログは、こちらです。
154の事業を生みだし、そのすべてを成功させてきた経営者が語った、そのシンプルな理由とは・・


そこに、お客さまのお困りごとがあったから・・


この言葉によって、154もの事業が生まれました。


そして、その全てのお困りごとを解決してきたからこそ、全ての事業が成功しました。


如何でしょうか?


何ともシンプルな話ですが、これこそ、真理ですよね。


仕事の根幹ですよね。


仕事とは、お客さまのお困りごとを解決すること。


では、皆さま。


今日は、商品を売ろうとしていましたか?


それとも、お客さまのお困りごとを解決しようとしていましたか?


この違いが、未来の違いを生み出しそうですよね。


お客さまは、何に困っていらっしゃるのか・・


常に、この1点を意識しながら、毎日、その解決の方法を考える時間を作ろうと思います。


それでは、今日のブログです。



□(しかく)の3番タイプの精神性は、ヤンチャなワンパク坊主

今日は、STR(素質適応理論)のお話しです。


私のスコアは、我 □3 陽 △2 □3 P54なのですが、今日は、我という漢字の右側にある□3という部分に着目してみます。


*こちらより、無料診断ができますので、ぜひ、ご自身のスコアを確認して下さい。
帝王學STR Academia


*無料版は、上記の全てのスコアは出てきませんので、ご了承くださいませ。


話を戻します。


この□3ですが、この部分のことを、STRでは心(こころ)と言います。


なので、四ケ所さんの心は、□3なんですね・・!


みたいに、STR仲間からは言われます。


そして、この心を勉強するだけでも、その人のことがよく分かるのですが、その中に精神性というものがあります。


簡単に言うと、子供なのか、大人なのか・・ということです。


では、□の3番はというと・・


バリバリの子供です。笑


語弊を恐れずに言うと、【がきんちょ】です。
*自分の事だから良いですよね。汗





STRでは、【ヤンチャなワンパク坊主】という肩書きを頂けます!


他にも、面白い(忘れられない)肩書きがあるのですが、ここからは、少し真面目に・・。


心は、全部で12通りあります。


〇の1番から4番。


△の1番から4番。


そして、□の1番から4番。


これで、12通りになりますよね。


STRでは、この12個で、子供から大人までの精神性に順番を付けることができます。


では、□の3番はというと・・


4番目の精神性です。


魂→胎児→赤ちゃん


この次が、私です。


赤ちゃんの次・・


だから、バリバリの子供なのです。


保育園から小学校の低学年という感じでしょうか。


ホームアローンという映画の主人公みたいな。


はい、それが、私です。笑



四ケ所さんより、秀ちゃんが好き。笑

前置きが、随分と長くなってしまいました。


今日お話しをしたかったのは、私は、名前をちゃん付けで呼ばれるのが好き・・ということなんです。笑


そこで、仮説を立ててみました。


ちゃん付けで呼ばれるのが好きなのは、私が□の3番で、その精神性がバリバリの子供だからではないか・・


さて、こればっかりは、□の3番タイプの人に聞いて回るしか、その検証のしようがありません。


〇の3番タイプは、遊びに行くときにジャケットを着ている説・・


は、割と当たっていましたので、今回も期待しながら、データを収集していこうと思います!


皆さまの周りに、□の3番がいらっしゃったら、ぜひ、ちゃん付けで呼びましょうか?って聞いてみて下さい。


そして、私にその結果を教えて下さいませ!


あ、□の3番タイプと言えば、ジャイアンツの終身名誉監督である長嶋茂雄さんですが・・


ちょーさんよん、しげちゃんの方が好きなのでは・・?


もし、しげちゃんの方が好きということが判明すれば、その時点で、この説は正しいとさせて頂きます。


だって、長嶋さんですから!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.554-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ