ブログ筋トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/08/08

学び

空学

基準を変えると行動が変わる 〜儲かればいいのではなく、儲けることが大切〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、無事に最終講を迎えた【第7期博多示道塾】について書かせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
第7期博多示道塾が終わりました!


思い出すと、まだ身体が震えるのですが、塾頭である大原さんの締めの言葉が素晴らしかったです。


自分を変えるというのは、自分が無くなるということではありません。


【本当の自分】になるということです。


如何でしょうか?


私は、大阪の師の言葉と重なり、胸が熱くなりました。


自分を変えるとは、本当の自分になるということ。


これから、ずっと唱え続ける言葉になりそうです。


皆さまには、ずっと言い続けている言葉ってありますか?


11月からは、第8期博多示道塾が始まりますので、ぜひ、ご参画下さいませ!


第8期博多示道塾
https://blog.niceon.jp/wp-content/uploads/2020/08/49900a9b8505319e7917fc933db8ded7.pdf



それでは、今日のブログです。



儲かればいいのではなく、儲けることが大切

普段何気なく使っている言葉でも、少し変えるだけで、ガラッと意識が変わることがあります。


私の場合は、脳みそが単純構造なので、それがかなり速やかに行われます。笑


例えば・・


とにかく、きれい事じゃない。儲かれば良いんだ!!


という言葉を、日常から使っていたとします。


こういう意識から生まれる行動って、どんな行動でしょうか?


常に、【損得勘定】でモノゴトを考えてしまいそうですよね?


この人と付き合うのは、損か得か。


この商品をいくらで売れば、損か得か。


儲かれば良いんだ・・という思考の先には、どうしても、お互いが豊かになる発想が湧いてきません。





その一方で、儲けることが大切・・


この場合は、如何でしょうか?


まず、儲けるって何だろう・・と考え始めます。


そして、なぜ、儲けることが大切なんだろう・・に繋がります。


基準を変えると行動が変わる

ちなみに・・


儲けるとは、社会的責任を果たしながら、お客さまから支持され続けることを言います。


逆に言うと、儲かっていないとは・・


社会的責任を果たせずに、お客さまからの支持も得られていない状態を言います。


そうか、だから儲けることが大切なのか・・


これが、基準というか軸となるものが変わった瞬間です。


こうなると、行動が変わるのです。


儲かればいい・・という思考から生まれる行動


ではなく、


お客さまから支持され続けるための行動


少しの言葉の違いですが、その言葉から生まれる行動には、雲泥の差がありますよね。


ただ、これを、言葉遊びにしてはいけません。


全社員さんと共有し、共通言語、共通認識、暗黙知に高めていくことで、初めて企業としての成果に繋がっていきます。


変な言葉を使っていないか、チェックする。


正しい言葉に変更する。


全社員で、その意味を具体的に共有する。


暗黙知に高めていく。


実践して、成果を出し続ける。


ぜひ、こういった順番で、取り入れてみて下さいね。


会社が、徐々にではありますが、一枚岩になっていきますよ!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.489-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ