ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2020/06/07

STR

学び

空学

2回目のTALK LIVEが終わりました! 〜テーマは、成長と進化の違いを考える〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、【期待する】ということについて考えてみました。


昨日のブログは、こちらです。
人に期待するのは止めよう! その代わりに勇気づけよう!


期待しているよ!


私たちは、この言葉をどちらかというとポジティブに使っていますよね。


でも、期待するとは・・


明日、晴れたら良いなぁ・・


働きがいのある会社だったらなぁ・・


みたいな想いを表した言葉です。


如何でしょうか?


私たちが思っている【期待する】という言葉の意味からすると、違和感ではないでしょうか?


ぜひ、相手に変化を求めるのではなく、自分に何が出来るか?にフォーカスを当てて見て下さい。


【働きがいのある会社だったらなぁ】ではなく、【働きがいのある会社にする】という言葉を使う。


つまり、相手に期待するのではなく、【自分の理想を追求する】のです。


相手に求めず、自分に求めましょう。


自分の行動が、大きく変化することに気がつきますよ。


それでは、今日のブログです。



2回目のTALK LIVEが終わりました!

昨日は、STRコミュニケーション協会の志和理事長とのTALK LIVEでした。





1回目は、21時から22時までの時間帯でしたが、2回目の今回は、21時から21時半までの30分の放送となりました。


私自身の、土曜日の夜21時の過ごし方といえば・・・


コロナ騒ぎの前であれば、ほぼ確実に、研修後の懇親会に参加している時間ですので、テレビを見たり、iPhoneを見たりすることはできませんでした。


しかし、私だけではなく、多くの方の状況が一変しましたよね。


家で、自分の時間を楽しんでいる。


そういう時間に変わったのではないでしょうか。


このTALK LIVEのスタート時間が、あえて21時なのも、そういった理由からなのです。


以前だったら、誰も見ないような時間?に、わざわざ生配信を試みませんよね。


こういうところからでも、時代は、大きく動いたと言っても良いのではないでしょうか。


だからこそ、このTALK LIVEのメインテーマは、【これからの時代】に関することですし、その時代の生き方として、【成長と進化】が、2回目のテーマに選ばれました。


皆さまは、成長と進化の違いを問われたら、どう答えられますか?



1968年のメキシコオリンピックで生まれた背面跳び

昨夜のTALK LIVEでは、木こりの仕事や野球で考えてみましたが、今日のブログでは、走り高跳びの世界をご紹介させて頂きますね。


まずは、下記のCMをご覧下さい。


https://youtu.be/Z0V2rQDWfk8



如何でしょうか?


1968年のメキシコオリンピックにて、ディック・フォスベリー選手が、人類で初めて、背面跳びをしたのです。


この飛び方で練習するディック・フォスベリー選手を、周りはどう見ていたと思いますか?


バカにしたそうです。


嘲笑ったそうです。


選手も観客も・・


ただ、本人からすれば、大まじめに【進化の過程】に入っていたのです。


成長の過程ではなく。


ものすごく大袈裟に言わせて頂きますね。


このままでは、走り高跳びという世界に未来はない。


ディック・フォスベリー選手は、そう考えていたのかもしれません。


そして、背面跳びという技に挑むことを決めた・・


如何でしょうか?


ここで、一緒に考えて頂きたいことがあります。


それ以前も、それ以後も、走り高跳びという競技は行われています。


それ以前も、それ以後も、地球上で人々は暮らしています。


そういう意味では、コロナ前とコロナ後では、何も変わっていません。


ただ・・


従来の跳躍スタイルだった【ベリーロール】を続けた人は、【背面跳び】を始めた人には勝つことなく、勝負の世界から去っていくしかなかった。


今、私たち経営者に起きている問題の本質は、きっと、ここにあると思うのです。


人間は、食べないと生き続けられません。


人間は、地球上でないと生き続けられません。


そういう意味では、コロナが終わろうが終わるまいが、何も時代は変わりません。


私が言いたいのは、【だから、自分たちも変わらなくて良い】なんて思っていたら、時代から取り残されて、消えていくしかないということです。


今、私たちは【進化の過程】に入る必要があると思います。


走り高跳びという世界に起きた【背面跳び】という衝撃。


人類の生活という世界に起きた【コロナ禍】という衝撃。


問題の大きさが違いすぎるという観点で、片付けてはいけない問題だと私は思いますが、皆さまはどう思われますか?


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.427-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ