ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/02/19

ひとりごと

夢を描き、志を立てる

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、すごくお勧めな1冊をご紹介致しました。


昨日のブログは、こちらです。
夢ってないとダメ?大きくないとダメ? そんな疑問に答えてくれる1冊です! 〜易経【陽】の巻 夢をもつってどういうこと?〜


夢って必要なの?


そういうふうに子供たちから質問されたら、何て答えれば良いのか。


そんな気持ちで読み進めて頂きたいのですが、最後に近づくにつれて、自分ごとになるはずです。


それくらい、最後の方の言葉からは、自然と涙が溢れ、一度、本を閉じてしまうでしょう。


私は、乾太が、夏祭りにて指揮者に挑み、いよいよ本番!


というときに、彼が心の中で呟いた次の言葉で号泣してしまいました。


すこし、ゆれることがあっても、ぼくたちのハーモニーの運行には、まったく影響ありません・・・


読んで頂ければ、その理由は分かりますので、ぜひ、手に取ってみてくださいね。


それでは、今日のブログです。



夢を描き、志を立てる

今日もまた、昨日お勧めした本の内容に触れてみたいと思います。


それは、夢と志の違いです。


小学5年生の主人公、乾太が描くのが夢。


潜龍となって、何が起ころうと前に進むのが志。


如何でしょうか?


分かるような、分からないような・・


そんな感じでしょうか?


この本では、次のように書かれていました。


夢は描くものであり、夢を立てるとは言わない。


そして、


志は立てるものであり、志を描くとは言わない。


確かに、その通りですよね。


では、パイロットになりたい!という気持ちは、夢でしょうか?





それとも、志でしょうか?


それは、パイロットになるという乾太の気持ちがどれほど強いのか、そして、何のために?という目的により決まります。


つまり、夢を志に変える!ことが、私たちにとっては、すごく大切なプロセスなのです。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.684-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ