ブログ脳トレ

1000日に向かってコツコツと

2021/02/02

学び

川原塾

1年間で、主体的に考え実践する組織へ

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、満足感と一体感のステージの違いについて書いてみました。


昨日のブログは、こちらです。
満足感と一体感 このステージの違いが豊かさを分ける


満足感を得ていない、つまり、気がかりなことが消えていない人が、どうやって一体感を埋めると言うのか・・


この言葉を教えてくださった、川原塾の塾長である川原さんの言葉。


川原塾につきましては、こちらをご覧下さいませ。
2020年は絶対にこれ!そう決めていた学びが明日からスタート 〜第4期川原塾に参画させて頂きます〜


かなり考えさせられました。


そして、思い当たる節もたくさん・・


兎にも角にも、気がかりを消すこと。


そこに、毎日の時間を使っていくこと。


すると、満足感が溢れ出る。


その溢れ出たものを分かち合うからこそ、本当の一体感を生み出すことができる。


まさに、私の個性にピッタリのお言葉。


ということで、今日から、気がかりリストを作り、消しまくっていきます!


それでは、今日のブログです。



1年間で、主体的に考え実践する組織へ

言われたことなら、愚直に実践できる。


うちは、真面目な子が多いんですよ。


そう言いながら、社員さんを見つめていらっしゃる経営者さまと、お話しする機会が多くなりました。


その際の、私と経営者の方の気持ちは同じです。


このままでは、いかん・・


こんなに変化が激しく、こんなに厳しい時代に、誰かが言いだすのを待っている集団では、社会から取り残されてしまう・・


でも、私たちが決して悲観的なのではありません。


危機意識が、話し合っている2人を包むのです。


大丈夫、大丈夫、何とかなる。


いいえ。


ここからの2年は、何ともなりません。


何とか【する】しかありません。


如何でしょうか?


皆さまの会社は、言われたことなら愚直に実践できる集団ですか?


それとも、みんなが主体的に考え、実践する組織ですか?





これまでは、誰か?という個が際立っていれば乗り切れました。


でも、これからは、叡智を集め、一人ひとりが主体的に考え実践する組織力が肝心です。


私たちは、そのように考え、今日から1年間の取り組みをスタートさせます。


1年後のイメージはあります。


あとは、辿り着くことに集中するだけです。


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


ブログ筋トレVol.667-1


NICEONのお得な情報配信中!!

今すぐ友達登録!

YouTubeチャンネルはじめました!

今すぐチャンネル登録

この記事を書いた人

四ケ所 秀樹

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン)代表取締役。
「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、5年間で1億円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格
■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録
■交流個性解析士

レコメンド記事

contactお問い合わせ

webでのお問い合わせ